FC2ブログ

FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター
・日本のワインを愛する会

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


知人に紹介されて、イタリアンの「タルタルゴーナ」を訪問しました。実はこの近辺は得意エリアなので、お店の前は何度も通っていました。

今年1月9日のグランドオープン。以前は「シチリア料理リッチョ ディ マーレ」が在った場所です。リッチョ ディ マーレの古谷シェフが家業を継ぐために閉店し、先輩の亀谷徹良氏が装いも新たにオープンすることになりました。
「タルタルゴーナ」とは、イタリア語で大きな亀を意味します。

看板

黒板

この日はフードアナリストの仲間と訪問。シェフのお勧めの品をお任せでお願いしました。

まずは各自にたっぷりなボリウムの前菜が出され、泡物で乾杯!

前菜

泡

これが1人前の量です。ハムやマリネなどイタリアンではお馴染みのアイテム。

ハム

このお店のワインリストには、嬉しいことにお手頃なお値段でイタリアを代表する品種のワインが取り揃えられています。
シェフがご用意してくれたのは、白ワインの中からグレープフルーツのような柑橘系の香りと味が爽やかなファランギーナ。ローマ帝国時代から栽培されていたというイタリア土着の品種です。

ファランギーナ

次は待望の全粒粉のパスタ。蕎麦で言えば挽きぐるみの田舎蕎麦。イタリアでも蕎麦は食べられているので蕎麦粉入りのパスタも検討されたそうですが、蕎麦はアレルギーの方もいらっしゃるので控えられたそうです。飲食店として気配りも大切です。味の前に安心安全の食材を提供する義務があろうかと思います。
贅沢にも3種類のアレンジで出していrただきました。

まずは牛の内臓を使ったもの。イタリアではトリッパのような内臓を使った料理も盛ん。日本の煮込み感覚でしょうか。

内蔵

二皿目は、希少な尾崎牛を使ったボロネーゼ。いわゆるミートソースですね。

ボロネーゼ

最後は生ハムを使ったパスタ。

生ハム

さて、いよいよメインディッシュの登場です。バスク豚のオーブン焼き。これは牛肉のステーキかと思うようなボリウム感。

バスク豚

ここで赤ワインを注文。お肉には赤でしょう。これまた私の好きな品種「アリアニコ」。色も味わいも深く、薫り高く力強いワインになります。

アリアニコ

アリアニコ

次は尾崎牛です。

尾崎牛

薬味

オリーブオイルとスパイス。

次はデザートです。パンナコッタやティラミスの盛り合わせ。

デザート

ご馳走さまでした~。

お店のHP
http://r.gnavi.co.jp/gb2j600/

スポンサーサイト



トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1427-673a4570


Powered by FC2 Blog