FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


後楽園でテーブルウェア・フェスティバル2012が開催されているので、それなら久し振りに寄ろうと思いました。店名を失念していたのですが、そうでした「舞扇」でした。
マイセン?有名なヨーロッパの窯元じゃありませんが。これじゃ、話が出来過ぎです。

舞扇
今回もやっぱりお得な「まいせんセット」を。通常2,300円が前回同様1,800円にプライスダウンされたままです。
お酒・前菜・かき揚げ・蕎麦がセットになってこのお値段。ランチには充分な内容です。
お酒は生ビールかそば焼酎の選択が可能。日差しが出て思ったより暖かくなった上に時間の余裕があったので周辺をリサーチで歩き回ったので、生ビールをチョイス。

生ビール

セットの焼き味噌・板わさ、そして漬物が来た。

焼き味噌

漬物

ビールをグビグビやると、壁に貼られた日本酒の品書きや棚の一升瓶が気になって来る。たまらず日本酒を追加。品書きには小徳利と書かれているが片口で出される。これも冷やなら悪くない。

片口

蕎麦の前には、かき揚げがある。写真はいささか白飛びしているが、肉眼ではもう少し香ばしいきつね色に近い。ざっくりと材料を角切りにしたかき揚げ。かぼちゃ、人参、玉葱などのボリウム感のある精進揚げだ。温かい天つゆを出していただけるのは嬉しい。

かき揚げ

かき揚げ

さて、いよいよ蕎麦だ。まずはつゆと薬味が運ばれる。

つゆと薬味

角蒸篭

アップ

相当な細切りだが氷で冷やされているせいか、強い腰がある。蕎麦の産地は茨城と栃木との告知があったが、細切りのためか、歯抜かり感もなく、実に良い仕上がり。つゆは多少ワイルドな感じか。

蕎麦は勿論、日本酒好きにも好適な店だ。小体なので宴会やグループには不向き。店と客との良い意味での勝負向きの店かと思う。勝負とは、悦楽と同義語だ。

ご馳走さまでした。
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1428-49c5193b


Powered by FC2 Blog