FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


3/17、六本木アークヒルズ3階に人気ラーメン店「つけめんTETSU」プロデュースの新店がオープンした。

「つけめんTETSU」は人気の千駄木本店の他、ここ数年の間に品川・大宮・川口・京都・高円寺とまたたく間に支店を展開。今回は都心の六本木に「キンシャリ屋」という新業態で望む。銀シャリではなく金シャリ。炒飯をメインに、銀シャリが黄金色に輝くようにという思いを込めてのネーミングだそうだ。

メニュー
六本木アークヒルズは、ANAインターコンチネンタルホテル東京、サントリーホールに隣接。テレビ朝日アークスタジオやテレビ東京の局舎も近い。旅行客や行楽客も多いが、近隣はオフィス街でもあり、昼時のレストランフロアーはサラリーマンやOLさんで混み合う。

そんな昼時に訪問したが、新店ということもあって凄いようで、行列が出来ている。炒飯などは持ち帰りも用意されているようだ。

テイクアウト

幸いに丁度出る人が何人かいて、入れ替わりですぐに入店出来た。店内はカウンター式で19席。食券制だ。
あんかけ炒飯と酸辣湯麺がお勧めメニューのようで、セット物もあるが、「TETSU」の代名詞つけめんは見当たらない。酸辣湯麺をチョイス。

酸辣湯麺

丼一面を覆う、あんかけのスープ。麺が見えない。

極太麺

スープの底から麺を持ち上げて驚いた。つけめんを彷彿とさせる極太麺。色はやや黒っぽい。武蔵野うどんを連想させる。かなり粘度の高いスープで、食べ始めはあんかけソバのよう。食べ進めて行くうちに次第に飲めるようなスープになった。味は辛味と酸味の正に酸辣味だ。私は辛味も酸味も好きなので結構だが、人によっては苦手だという方もいるかもしれない。他の客は炒飯を食べている人が多い。

昼時はどの店も行列が出来るエリアだが、問題は夜の集客だろう。ラーメン専門店ではなく中華料理店的な内容なので、ラーメンフリークには向きではないかもしれない。気軽に入れる意味では近隣に勤める人向きと言えそうだ。

アークヒルズ レストラン&ショップガイド
http://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/morishop/ark/kinshariya/index.php













スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1443-03edca21

六本木一丁目 キンシャリ屋 肉あんかけ炒飯

■六本木一丁目 キンシャリ屋 肉あんかけ炒飯 今日のランチは、赤坂アークヒルズ3階にある炒飯と酸辣湯麺の店「キンシャリ屋」の 肉あんかけ炒飯680円です。 +大盛12 ...

Powered by FC2 Blog