FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


銀宝(ギンポ)が入荷したの情報を得て、思わず駆け付けました。

銀宝(ギンポとは何か? 見たことも食べたこともないという方が多いでしょう。今や漁獲量が減って幻になりつつあります。見た目はややグロテスクでドジョウと鰻の中間くらいの大きさ。お世辞にも顔付きは可愛いとは言い難い。しかしギンポは江戸前天婦羅の花形スター。煮たり焼いたりはあまり適さず、まるで天種になるために生まれて来たような魚です。

漁期は春先から梅雨の前までの短い間。私は毎年5月になると蕎麦屋・天婦羅屋を探し廻ります。初鰹よりもギンポ、ギンポ。

さらしなの里
暖簾を潜るや否や「銀宝は、まだありますか?」と尋ねました。
「ええ、ありますよ」とのお答えに安堵しました。

いきなり天婦羅でいただきたいところでしたが、品書きを見ると「銀宝天もり」となっていましたので、軽く他の物を蕎麦前に。空豆と白ワインを。

空豆

今は冷凍物などで1年中食べられますが、やはりこの時期のフレッシュな物が最高です。茹で立てで、皮には切り目を入れるプロの仕事。

空豆の香りに、やはり緑の香りのする白ワインを合わせてみました。最近、私が贔屓にしているお店がこぞってワインを置くようになりました。女性を中心に好評です。白身の魚に白ワイン、鴨や焼き味噌には赤ワインが好適です。

白ワイン

さて、小踊りしたくなるくらいの気持ちで、件の銀宝を。

銀宝天もり

銀宝

肉厚で実に見事な大きさ。小振りな物を良しとする方もいらっしゃいますが、銀宝は私は大きい物が好みです。大きい物は肉厚なためにしっかりとした弾力があり、身に甘味があります。穴子やメゴチも結構ですが、独特の食感と味わいは銀宝ならでわのもの。塩でいただきました。

アップ

本日の蕎麦は、栃木産の掲示がありました。

蕎麦

湯桶

あ~、口福感でいっぱいです。春の大仕事をやり終えたような気分(食べただけですが)。毎年、春には山菜と銀宝を食べないと、夏を迎える気になれません。


今宵も、どうもご馳走様でした~。


お店のHP
http://www.calme.bias.ne.jp/~rits-sa/index.htm
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1465-accf688a


Powered by FC2 Blog