FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


仕事で埼玉方面に外出した帰途、途中下車してこちらのお店に寄りました。千葉県の市川「一茶庵」で修業された方のお店で構成する禅味会の一員。関東一円に24店を数えます。私が訪問したお店としては、氷川台の「山禅」もその一員ですね。

大宮駅西口から徒歩10数分。その風情ある店構えが見えて来ました。

看板

はすみ
予約制かな?と思わせるような風情ある立派な店構え。高級感が漂っています。
意を決して暖簾を潜り「予約してないんですけど」と言うと、
「どうぞ、どうぞ、大丈夫ですよ」と満面の笑みで快いご挨拶。

玄関で靴を脱ぎ、赤い絨毯の廊下を通って和室に通される。これは氷川台「山禅」も同様。趣のある木造の建物が実に素敵。小庭に面した座敷に案内された。
雰囲気は完全な和の世界。日本酒も良いが、喉が渇いていたのでエビスを注文。出て来たのは最近の飲食店では珍しい大瓶。それにたっぷりの揚げ蕎麦ともろキュウリの立派なお通し。
朱色のテーブルが美しい。

ビール

口上

季節メニュー

メニューが豊富でいささか迷う。禅味会らしい「からすみ」、それに「鴨もつ」なる品を見付けて注文。私は大の鴨好きですが、鴨のもつはまだ数回しか食べたことがありません。あれだけ鴨肉が出回っているのだから、鴨のもつも大量にある筈ですが、とんと見掛けません。どこでどう使われているのか?

からすみ

鴨もつ

唐辛子は、黒七味でした。

黒七味

はてさて、蕎麦は何を頼んだものか?

そば

思い悩んだ末に「二色」を頼んだら、田舎の深山は売り切れだという。それではせいろのみで。

つゆ

不思議な形の蕎麦徳利。なぜ青葱を使うのか、関東人の私には違和感を覚える。

すぐに蕎麦が来ました。

せいろ

蕎麦

つゆは濃厚で嫌なクセがなく、蕎麦は実にしっかりとした腰で香り豊か。お見事です。

湯桶

お通しの揚げ蕎麦が残っていたので持ち帰りをお願いしたら、快く引き受けてくださいました。

持ち帰り

風情ある建物でいただく、珠玉の蕎麦料理。この雰囲気は格別です。

ご馳走様でした。


食べログ
http://r.tabelog.com/saitama/A1101/A110101/11002819/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1471-8b99c69c


Powered by FC2 Blog