FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


フードアナリスト仲間と予約を取って、夜の会食。私が好きなお店だということを聞き付けた人が、お店を紹介しろと。

外観

この日は参加した女性陣の好みに合わせて、お酒は泡、ブリュットを。女性は何でシャンパンが好きな人が多いのでしょう?優雅な雰囲気に浸りたいからでしょうか。

ブリュット

料理のチョイスを任された私は、定番や季節メニューの中からゲストの好みに合いそうなものを。まずは季節メニューから冷し野菜煮。色鮮やかに炊かれた野菜が、見事な器に盛られて登場。一同感嘆!

野菜煮

お次は定番メニューから砂肝のコンフィ。コンフィとはフランス料理の調理法で、低温の油の中で素材を揚げるのではなく、煮るような手法。但し、ややもすると素材がコチコチに固くなってしまいます。
こちらのは、まるで蒸し煮にでもしたようなジューシーな柔らかさ。

コンフィ

三番目の料理はメニューを見たゲストのリクエストで、無花果(いちじく)の胡麻掛け。これは頼んだお酒に合いますね。ワインバーなどではドライフルーツとして無花果が用意されていることがありますが、こんな素材を出す蕎麦屋さんはまず無いでしょう。

無花果


ここでお蕎麦屋さんらしい品を私がチョイス。穴子の天ぷらです。嬉しい骨せんべい付き。塩でいただきます。

穴子天

さて、ようやく蕎麦を注文。私はせいろ。ゲストは辛味おろしや葱汁など。

つゆ

せいろ

蕎麦

このお店は基本的には通常、蕎麦は一種類のみ。翁系ですので、江戸蕎麦です。微粉を二八で細切りにして打ちます。蕎麦殻のような繋がりを阻害するものは挽き込みません。長く繋がってこそ、蕎麦ですから。

蕎麦前の料理は、薄味の関西風。幸いに西日本出身のゲストがいて、大いに喜んでいただけました。料理・蕎麦、ホスピタリティに富んだ接客振り。食に精通した仲間ですが、心から楽しんでいただけたようです。
私も大いに面目を保つことが出来ました。


お店のHP
http://sobakakashi.ikidane.com/index.html


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1499-13d66f6e


Powered by FC2 Blog