FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


「築地さらしなの里」に北海道産の新そばと秋の季節メニューである松茸そばが始まったのとの告知があり、気もそぞろに駆け付けました。

店頭に辿り着くと「新そば」の掲示。今年は東日本は台風の被害が少なく、各地とも概ね作柄は良好なようです。

新そば

今回は迷いはありませんでした。まずは松茸そばをつまみ代わりに白ワインを合わせよう。別にせいろを追加して新そばの風味を存分に味わおうと。

ワイン

訪問時、ワイン談義に盛り上がっている年配の男性グループがいらっしゃいました。蕎麦屋でワインも徐々に浸透しつつあるようです。天婦羅に白ワイン、鴨に赤ワインなどベストマッチなものが少なからずあり、特に日本ワインなら尚更です。あと十年もすれば、蕎麦屋でも日本ワインは日本のお酒として当たり前に置かれるようになるでしょう。手打ちの手法が広く復活する「蕎麦ルネッサンス」と蕎麦屋におけるお酒革命の進行を身を持って体現できることは幸せです。

シュール・リー

ちょっと贅沢な松茸そば。たまには良いでしょう。

松茸そば

薄切りのスライスなんかじゃありません。たっぷりの松茸にハモ、スダチ。夏と秋が同居。季節の移ろいを感じさせます。先に蕎麦が伸びない内にすすっといただいて、天抜きならぬ松茸抜き状態に。松茸の味と香りがつゆに染み渡ります。

IMG_8514.jpg

お酒を日本酒に切り替えて、手打ちそばを。

片口

せいろ

どうですか、今にも踊り出しそうな躍動感があります。

蕎麦

香りは仄かなような気がしました。ところが口に含んでゆっくりと咀嚼すると弾けたように蕎麦の風味と甘みが一気に湧き上がって来ました。

何だか罰が当たりそうな贅沢気分。この時期は蕎麦好きにとっては夢のような楽しい季節です。食の天国はこの世にあり。

湯桶


お店のHP
http://www.calme.bias.ne.jp/~rits-sa/index.htm
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1501-c91a8db4


Powered by FC2 Blog