FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


学芸大学「角打」

マスコミへの露出が多いこのお店。武蔵小山「ちりん」の姉妹店。
最近は、高級店よりも気軽に入れるバルやビストロの人気が高い。ちょっとお洒落な居酒屋という感じ。仕上げに本格的な手打ちの蕎麦が食べられるとなれば、これは嬉しい。現代風の蕎麦屋酒ですね。
蕎麦屋は小難しい年配客が多そうだな、という方にもこれなら気軽に入れるだろう。

角打

幸い、訪問時は空いていました。カウンターに案内されましたが、コート掛けが見当たらない。仕方なく椅子の背に。

まずはお酒。寒い時は燗酒に限る。うんちゃらサワーなんぞはその辺の居酒屋で飲むがいい。神奈川の「いづみ橋 青 純米吟醸」を1合燗で注文。お通しはほうれん草とじゃこのお浸し。

いづみ橋

品書きを見ると、つまみの種類は豊富。玉子焼きや焼き味噌のような定番メニューの他、焼き魚や野菜料理も各種取り揃えている。

まずは珍味三種盛り(生からすみ・ほやのこのわた・鯖のへしこ)を。日本酒のあてとしては珍味が嬉しい。腹に溜まらずに酒が進む。へしこは魚を糠漬けにした保存食。かなり塩分が高く、濃厚な旨味です。

珍味

へしこ

もう一つ、ユニークなメニューがあったので注文。アボカドと百合根のかき揚げ。

アボカド

いや~、これは驚きました。アボカドの天麩羅は初めて。実に良い食感に揚がっています。粉塩でいただきます。

お酒をお替り。次は冷やで福島の「写楽」。これはすっきり飲みやすい。

写楽

さて、蕎麦は何にするか。シーズン的には鴨だが、既にかき揚げを食べたのでカロリーオーバー。「かけ」でつゆの味わいを確かめるのも結構ですが、既に身体はお酒で温まっており、蕎麦をチェックするならやはり「せいろ」になろう。

IMG_0151.jpg

つゆと薬味が出された。つゆは蕎麦徳利ではなく猪口に入れられて出される。開口部がラッパ型に開いた珍しい形の猪口。薬味は白葱と本わさび。

蕎麦が来た。美しい竹細工の蒸篭に程よい量の端正な蕎麦。

せいろ

蕎麦

実にシャープなエッジ感。太からず細からず丁度良い太さ。その食感に驚きました。香りは控えめですが、極めて硬質。茹で足りないような硬さではなく、しなやかでありながら歯抜かり感がほとんどなく、歯を押し返すような筋肉的な強さがある。想像以上にお見事。良く噛むと甘みもぐわっと湧き上がって来ます。
嬉しい驚き。

蕎麦湯はポットで提供。

ポット

蕎麦湯

あ~、自宅の近くに在ったら毎日のように通いたいお店になりそうです。

ご馳走さまでした~。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13142135/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1538-9a90d2ac


Powered by FC2 Blog