FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎月開催されている美人女優にして利き酒師である福山亜弥さん主催の利き酒会に参加させていただきました。テーマは「世界発の日本酒シャンパンとクリスマスメニューできき酒会!」
今回の会場は渋谷の「デリスドキュイエール」。料理研究家でフードアナリストもいらっしゃる川上文代先生の料理教室です。

クリスマスにちなんだ川上先生のお料理と日本酒のマリアージュは如何?

デリスドキュイエール

席に案内されました。いつものように亜弥さんお手製のお酒のラインナップ。銘柄と日本酒度、味わいなど特徴が書かれています。この蔵元のお酒は初めてという方にも親切な案内。

お酒

カトラリー

テーブルには仕込み水も用意されていました。

仕込み水

会場は満席。常連さんもいれば、初めての参加という方も。亜弥さんのファン、蔵元のファンの方、料理教室に通う方など客層は様々。

客

さあ、いよいよ亜弥さんの挨拶が始まりました。

亜弥さん

続いて蔵元の川島瑞樹さんがご挨拶。蔵の歴史などをご説明。イケメンですね。

川島瑞樹さん


今回の会場は川上先生の料理教室です。天井からモニターがぶら下がり、調理や盛り付けの様子を見ることが出来ます。

モニター

乾杯のお酒は「水芭蕉PURE」。日本酒をシャンパンの製法を取り入れて発泡させたもので、製法特許を取得しているそうです。
PURE

泡

最初の料理は、サンダニエーレの生ハムとリエット。実に見事な色合い。厚切りです。その味わいには唸りました。噛めば噛むほど深い旨味が口中に広がります。

サンダニエーレ

2つ目のお料理は、魚貝とクスクスのサラダ。合わせるお酒は、水芭蕉の純米吟醸と谷川岳の吟醸。

クスクス

粒食が苦手な私ですが、これは微笑ながらパスタの一種なのでOK。クスクスは肉料理などの付け合せに使われることが多いのですが、魚貝と合わせると旨味が浸み込んで美味しい!

アップ

水芭蕉

テーブル

3番目の料理は、白身魚のムニエル カルリーナ風。合わせるお酒は、水芭蕉の純米と谷川岳の超辛純米。

ムニエル

純米

川上文代先生もテーブルを廻ってご挨拶。

川上先生

一升瓶

お待ちかね、今回の「ヒミツ酒」。水芭蕉の純米生原酒。これはどっしり、旨味も複雑。

生原酒


さて、その次は水芭蕉の純米辛口スパークリング。爽やかな青いボトルのにごり酒。

スパークリング

純米辛口

合わせる料理は、豚肉と豆とバルサミコの煮込みです。

煮込み

お酒は、日本酒度15度という谷川岳のとび辛が出た後、チーズに合わせて純米大吟醸プレミアと中汲袋取り無濾過生原酒。

プレミア

チーズ盛り

注ぐ

生原酒

これで全てのお酒と料理が出されました。

会の最後は毎回お楽しみのジャンケン大会。ジャンケンが弱い私は毎回無念の涙を流して来ましたが、遂に勝ち残って商品をゲット!一番値段の高い谷川岳の大吟醸。ラッキーでした。

谷川岳


フレンチと日本酒のマリアージュという斬新な組み合わせ。実に楽しい利き酒会になりました。
亜弥さん、川上先生を初めスタッフの皆さん、ありがとうございました。

福山亜弥オフィシャルブログ ぴょんぴょん小町
http://ameblo.jp/aya-fukuyama/


デリス・ド・キュイエール渋谷
http://www.delice-dc.com/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1540-0a23f972


Powered by FC2 Blog