FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎月開催されている、女優利き酒師である福山亜弥さん主催のほっこり利き酒会に参加させていただきました。今回の蔵元は兵庫県姫路市に在る「龍力」(たつりき)。

「龍力」の(株)本田商店は1921年の創業。もう百年近い歴史を誇ります。酒米の王様と言われる山田錦は兵庫県特A地区産などすべての酒造米は最高ランクの物を使用。仕込み水は、揖保川の伏流水を使用。揖保川の伏流水は鉄分の少ない軟水で、大吟醸造りに適しているという。
受賞歴は、全国新酒鑑評会において金賞9回、第3回燗酒コンテストで一部・二部金賞ダブル受賞など多数。

今回の利き酒会では、看板商品である大吟醸「米のささやき」の他、神力など他の酒米を使ったお酒、更には新たにラインナップに加わったドラゴンシリーズなど魅力満載のお酒が揃いました。

ラインナップ

今回の会場は、赤坂永楽倶楽部。早稲田大学の創立者である大隈重信侯が大正時代に創設した社交倶楽部をその前身としており、普段は早稲田大学OBなど会員用の倶楽部で、一般人は利用できません。

会場の指定された席に着くと、いつものように亜弥さんお手製のお酒と料理のご案内が用意されていました。

案内

テーブルには三段重ねのお弁当。割烹「三河屋」さんのもの。蓋を開けるのが楽しみですが、乾杯まで待ちましょう。

お重

いよいよ開始の時刻となり、亜弥さんからご挨拶。いつもながら素敵な和服姿。

開会

5代目蔵元本田龍祐氏の登場。若くてイケメンで会場がどよめきます。

蔵元

本田氏による蔵の歴史などの説明の後、乾杯のお酒は大吟醸の「青ドラゴン」。特A地区の山田錦を使用。乾杯の音頭は、いつものように「ぴょんぴょん!」。

青ドラゴン

さあ、お待ちかねのお弁当オープン!

三河屋

蛸のやわらか煮

煮物

エビフライ

このお弁当は素材も調理も高品質で、冷めても美味しく食べられるように配慮されていることがわかります。さすがは老舗割烹の手によるお弁当です。

2番手のお酒は、純米吟醸「黒ドラゴン」。これは地球温暖化に対応した兵庫錦という新しい酒米を使用。

黒ドラゴン

続いて、華やかな4色のラベルが四季を表しているという純米酒「ドラゴン3」。そして特別純米の「赤ドラゴン」。お燗向きのお酒だそうです。

ドラゴン3

赤ドラゴン

赤ドラゴン

ここで、お弁当とは別にチャーシューの炙り焼きが出されました。

チャーシュー

ドラゴンシリーズの最後は純米酒の「ドラゴン緑」。酒米に五百万石を使用。常温向きだそうです。

ドラゴン緑

お酒がガラリと変わります。フレッシュ感が魅力のしぼりたてを2種類。酒米の違いで、山田錦と神力。

山田錦

神力

更に違う個性のお酒。江戸j代からの伝統的製法である「生もと仕込み」。どっしりとしたボディーで旨味が濃厚。燗酒向きだというのがわかります。

生もと

さて、いよいよ今回の「ヒミツ酒」。看板商品である大吟醸「米のささやき」。

米のささやき

宴もたけなわ。お楽しみのジャンケン大会です。これも「米のささやき」。

ジャンケン

今回は敢え無く初戦敗退。

同じ蔵元のお酒でも酒米や製造方法によって様々な味に変化することが良くわかりました。居酒屋は勿論、日本酒バーへ行っても一人でこれだけの種類を一度に飲み比べることはまずありませんからね。
関係者の方には本当に感謝いたします。

「龍力」(本田商店)
http://www.taturiki.com/


福山亜弥「ぴょんぴょん小町」
http://ameblo.jp/aya-fukuyama/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1564-309701fe


Powered by FC2 Blog