FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎年、この時期になると「桜切」を出しているのがこのお店。旬の素材を練り込んだ変わり蕎麦を出していますが、一番季節を感じるのが「桜切」です。

堀井

創業200年

季節の変わり蕎麦以外にも、その時々で出される地酒が楽しみ。今回は、群馬の「龍神」純米吟醸。酒米は雄町を使用。今日はご主人も女将さんも姿が見えず。馴染みの花番さんもおらず・・・。

徳利

逸る心を抑えて、まずは軽く「季節野菜の三点盛り」を。

三種盛り

何気ない酒肴三点盛りに見えて、実はとんでもないものです。一番手前は蓮のなますかと思いきや、ペペロンチーノとの説明書き。食べ進めると黄色いオイルが現れました。オリーブオイルです。

ペペロンチーノ

真ん中の揚げ物は、長芋と蕎麦の実のコロッケ。手が込んでいます。

コロッケ

さて、一番奥の黒っぽいキューブ。鰹の佃煮のように見えますが、実は柔らかい生海苔のゼリー寄せ。

ゼリー寄せ

創業200年の老舗。実は老舗と言われるお店には2つのパターンがあります。一つは創業当時からの味ややり方をかたくなに守っているお店。もう一つは時代時代のニーズに合わせて、常に支持を集め続けているお店。このお店はその両方を兼ね備えている稀有なお店だと思う。

さて、いよいよ蕎麦を。売り切れにならなくて良かった。

つゆと薬味

桜の花が載っているが、蕎麦は桜葉を練り込んだもの。だから緑掛かっている。

桜切

漆塗りの赤湯桶。

赤湯桶

折角なので、桜の花を蕎麦湯に浮かべてみました。

桜花

ああ、今年も春を迎える心の準備が整いました。


お店のHP
http://www.sarashina-horii.com/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1575-1659b0f6


Powered by FC2 Blog