FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


毎月開催されている、女優利き酒師の福山亜弥さん主催の「ほっこり利き酒会」に参加させていただきました。

今回の会場は料理研究家でフードアナリストでもあられる川上文代先生が主宰している『デリス・ド・キュイエール』。日本酒にフレンチを合わせるという趣向。
蔵元は、「東力士」の島崎酒造さんです。

デリス・ド・キュイエール

エントランス
いつものように亜弥さんお手製のお酒のラインナップと合せる料理の献立表が用意されていました。「ヒミツ」が気になります。

お酒

献立

蔵元の島崎社長のご挨拶。

島崎社長

乾杯のお酒は、いきなり受賞酒の大吟醸。既に蔵元にも在庫はないそうです。その間にも川上先生自らのお料理が現在進行中。

川上先生

2杯目のお酒は、パインのような香りがするという純米大吟醸の無濾過生原酒。しかも一番美味しい中汲み。ほんのりとした濁り。

中汲み

濁り


最初の料理は「生ハムとモッツァレラチーズと旬菜の盛り合わせ」。チョコレートが掛けられているように見えますが、これは熟成したバルサミコ酢を更に煮詰めたものだそうです。

サラダ

今回も蔵元から仕込み水をご用意していただけました。

仕込み水

3杯目は純米吟醸無濾過生原酒。酒米は山田錦で、ちょっとチリリ微発泡。

艶姿

純米吟醸

合せるお料理は、海藻塩麹のカルパッチョ。川上先生自ら料理のご説明。

説明

カルパッチョ

島崎社長の解説。太平洋戦争末期に建造された地下の戦車製造工場の跡地を「どうくつ酒蔵」として利用しているとのこと。

濁り酒

お酒は、雄町の純米無濾過生原酒、そして新たに開発された「とちぎ酒14」という酒米を使った純米吟醸の無濾過生原酒。

雄町

グラス

これに合わせるお料理は、セルクルで作るミニちらしずし。驚きの素敵な造形。桜の花が香ります。

セルクル

その後、これまでの無濾過系とはカラーが違う伝統的な本醸造が出され、次には大吟醸の古酒。色合いはクリアーですが、古畳のような重厚な香り。
古酒

おや、川上先生が何か凄い肉の塊を捌こうとしています。

肉塊

隣りではスタッフが大鍋で何かを炒めて(?)います。

ザワークラスト

そこへ、亜弥さんから「ヒミツ酒」のアナウンス。山廃純米で、タンク貯蔵を経てどうくつ酒蔵で熟成したものだという。

ヒミツ

料理が出されました。ローストポークの赤ワインソース。

ローストポーク

最後のお酒は、ゆずリキュール。鮮烈なゆずの香り。黒豆とヨーグルトの黒蜜きなこがけと共に。

ゆず

ゆず

デザート

さて、お楽しみのジャンケン大会。今回は最初に出された大吟醸。

ジャンケン

今回は見事に惨敗。サクラ散る!

今回は10種類のお酒を堪能。素晴らしいお料理と共にいただきました。亜弥さん、蔵元の方、川上先生他関係者の方に感謝いたします。食の天国は地上にあり。酒の神と共に。


福山亜弥「ぴょんぴょん小町」
http://ameblo.jp/aya-fukuyama/

東力士(島崎酒造)
http://www.azumarikishi.co.jp/

デリス・ド・キュイエール
http://www.delice-dc.com/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1576-f6147450


Powered by FC2 Blog