FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


菊谷さんで天日干しの蕎麦を出すとの情報を得て、駆け付けました。天日干しの蕎麦は今や滅多に食べる機会がありません。

巣鴨は「お婆ちゃんの原宿」と言われますが、いやまあ、凄い人出。地蔵通りが正に竹下通り状態。しかもそのほとんどが年配者で、出店などを見ながら歩いているので極めて遅い。
こちらはもう、食べたい一心で気が急いている。

ようやく店前に到着。風に暖簾が揺れている。

暖簾




店内は客でほぼ満席。幸いカウンターに一つ空きがあって通された。

このお店では石神井から移転後、日本ワインを出すようになった。しかも四恩醸造とか入手困難なものもある。日本酒の品揃えは「四季桜」を始めとして以前から私好みの銘柄が数多く並ぶ。
何を頼もうか心は千々に乱れるが、昼からボトルでワインというのも気が引けて、定番の四季桜の黄ぶなを1合注文。

徳利

肴は腹が膨らんで味覚が落ちることを避けて、わさび漬けを。

わさび漬け

もう少し飲みたいところだが、客の波は衰えず。長っ尻は迷惑になりそうなので、蕎麦を頼む。
「天日干しはありますか?」と確認。
常に複数の産地の蕎麦を出しているので、目当ての蕎麦以外のものを出されたら意味がない。
驚いたことに本日の「並そば」(600円)がそれだという。品種は新潟産の信濃1号の筈だ。

つゆ

つゆはいつもの甘辛。葱はカットしただけの円盤状ではなく、ほぐされてリング状になっている。
薬味一つでどうゆう系統の蕎麦屋さんかわかる。

並蕎麦

二八だけあって細切りでも繋がりが良く、艶やかで躍動感がある。

二八

「天日干し」という情報が頭にインプットされているが、それを排除して極力五感を研ぎ澄まして向かい合う。
しっかりとした香りに甘味を感じる。食感はいつもの蕎麦と大きな違いはないが、良く噛んでいる口中に蕎麦の風味が爆発するように広がり、強烈な甘味が湧き上がって来る。極めてエネルギッシュだ。

周囲は年配の観光・参詣客ばかり。知らされなければ、一見ごく普通なこの蕎麦の素性に気付くまい。
私にとっては、記憶に残りそうな体験だ。

湯桶

ご馳走様でした。

食の感動と喜びを伝えたい。

お店のHP
http://www17.ocn.ne.jp/~sobakiku/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1586-64a51cf8


Powered by FC2 Blog