FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


三連休の中日。大気の様子が不安定で、夕立が予報されている。丁度、雑用や書き仕事も溜まっているので遠出は控えて、地元をぶらり。この店の前を通り掛かりました。

ひろよし


「ひろよし」。以前は駅南口から千川通りにでる道沿いに「そば処三芳野」として長きに渡って店を構えていましたが、駐輪場建設に伴って現在の場所に5年ほど前に移転。店内は依然と同様、椅子はあるもののカウンターのみで10席足らずというレイアウトで、平日は朝7時から営業。昼は丼物や定食も出し、お酒の用意もあって夜は居酒屋代わりに利用可能という立ち食い蕎麦以上の便利さ。地元の人に愛される有り難い存在です。

暖簾には二八と染め抜かれていますが、土日には十割の蕎麦を出します。
「当店にて、捏ねています」の表示。
打っています、ではないところに理由があります。

十割

品書き

冷やがけ

余りの暑さにビールを頼みました。銅製のマグカップ。今日のお通しは、冷製のゴーヤチャンプルーでしょうか。夏らしくて良いですね。実はこんなところにお店の実力やカラーが出ます。

ビール

冷やがけ。冷たいつゆを張ったそば。おや、ナルト入り。冷やしたぬき風ですね。

冷やがけ

そば

プリッとした独特の食感のそば。実は、ここの蕎麦は店が狭いために打ち場のスペースがなく、冷麺のような押し出し式の製麺機を使用。北海道産の蕎麦粉を使用。丁寧に手捏ねします。ここまでは手打ちと全く同じ手法。
私は手打ち信奉者ではなく、下手な手打ちもあれば上手な機械打ちもあると思っています。老舗でも機械打ちの名店もある。現代に於ける手打ちの手法は、それなりの志を持った人が卓越した技を習得し、優れた素材を得て初めてその良さが出るものだと思う。

蕎麦を食べ進めると、甘く味付けされた梅の実が現れました。だからさっぱりいただけるのです。

梅

ご馳走さまでした。

暖簾


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13119193/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1616-f9212b4c


Powered by FC2 Blog