FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ランチタイムに「手打ち蕎麦・おばんざい みわ」に伺いました。この近辺は蕎麦屋激戦区。同時に韓国料理店街でもあり、ラーメン店、イタリアン、ファーストフード店など客の争奪戦を展開しています。開店以来このお店では10%OFFのチラシを撒いたり、店頭で呼び込みをしたりと苦労されているようです。

ランチタイムは丼物とのセットメニューもありますが、私は蕎麦だけで結構。少し悩んでオーソドックスな天せいろを注文。

天せいろ

奇をてらったところがない安心感がありますね。江戸蕎麦らしい細切り。天つゆはなし。辛口のつゆ。天婦羅は色白。

天婦羅

江戸蕎麦は「切りべら23本」と言われます。一寸を23本に切るという意味です。一本の巾は1,3ミリになります。田舎そばとは大違い。江戸っ子はええ恰好しいですから、太い蕎麦をモグモグ噛んだりすることはよしとしないまけです。ズズッと啜り込めなきゃいけないわけです。

蕎麦

私的にはもう少し太目に打った方が腰が感じられ、水切りも良いと思っています。表面が水で光っているのはその細さ故かと。

蕎麦湯

天つゆがないと困るのは、つゆが油っぽくなること。蕎麦を食べている時はまだしも、蕎麦湯をいただく時はどうかと思います。それを言ったら温かい天婦羅そばなどはどうなるんだと言われそうですが、蕎麦湯とはまた別物。

黒湯桶


ご馳走さまでした。


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13156716/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1622-cb69718e


Powered by FC2 Blog