FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


久し振りに馴染みのこのお店へ。かつては「菊谷」というお店であったが、巣鴨へ移転したのを機にお弟子さんであった現ご主人が引き継がれました。最近は都内で蕎麦の栽培をするなど独自の進化を遂げられています。

手打ち

黒板


炎天下を昼下がりに訪問。お盆時期も営業していることはリサーチ済み。狙い通り、空いている。

本日のお目当ては、昼酒セット。酒飲みの心をくすぐるじゃありませんか。ご主人は酒ライターだった経歴の持ち主。どおりで、でしょ。

昼酒

昼酒セットをビールでお願い。おっと、泡が溢れた。

ビール

お通しは、蕎麦の実のおひたし。

蕎麦の実

小鉢は、秋茄子のきのこみそ。

小鉢

追い打ちを掛けるように酒肴の盛り合わせ。これじゃあ、ビール1杯というわけには行きません。「四季桜はつはな」を1合追加。

酒肴

白徳利

ちびりとやりながら、蕎麦の栽培について話を伺う。現在、板橋・練馬・檜原村の3カ所で栽培を行っているという。この11日に種まきをしたばかりだそうだ。今からまくと収穫は秋。品種は在来種とか。

栽培

さて、いよいよ蕎麦を。もり・かけ・ひやがけから選べるというので、夏らしくひやがけを福井の在来種でお願いした。

ひやがけ

蕎麦

品種改良されていない在来種の特徴は、香りは控えめだが良く咀嚼すると強烈な甘味が湧き上がって来る。この蕎麦も同様。驚きました。

色紙

松尾様

ご馳走さまでした。蕎麦の収穫が楽しみです。

お店のHP
http://www.soba-noae.jp/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1637-11fca159


Powered by FC2 Blog