FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


11月、鴨のシーズン到来である。冬場にしか鴨を出さないあの店を目指す。私にとって世界一の鴨料理。

浅草は、近くにスカイツリーが出来たことで、世界的な観光地として拍車が掛かった。以前から行列が出来る人気店だったのに、最近ではそれは避けられないものとなった。
数年前に建物の老朽化のために建て替え。高層ビルにでもすれば莫大な利益を得たであろうが、そのようにはせず、以前の風情を忠実に再現して堅固な建築にして生まれ変わった。これは中々出来ることではない。この店の歴史と伝統を受け継ぐ心意気を感じる。

並木

先客十数人。行列は覚悟の上だったので、持参の文庫本で順番を待つ。一人だったことが幸いして、グループ客より先に案内された。

座敷に相席で通された。最近では珍しくなった擦りガラス越しに暖簾が裏から見える。

暖簾

ゆっくりと蕎麦屋酒を楽しみたいところだが、外では待っている客が大勢いるので、鴨なんばんと酒を冷やで頼む。

酒

酒には、ねっとりとしたそば味噌が付く。これをつまんで飲む酒は至福の時だ。

ほどなく鴨が来た。

鴨なんばん

蕎麦が見えない。具の下に隠れている。

蕎麦

鴨

肉厚な鴨肉。この店では唐辛子も山椒もテーブルには出していないので、山葵でいただく。延びない内に蕎麦を食べよう。

つくね

お楽しみのつくね。叩いた鶏肉に鴨の脂身を混ぜている。鴨の旨味をまとった鶏だ。

蕎麦湯

鴨の旨味がたっぷりと出たつゆ。贅沢な蕎麦湯だ。

あ~、ご馳走様でした。

浅草駅に向かうと、駅前の交差点からスカイツリーが望める。目の前の雷門は、大提灯が新調された。

スカイツリー

雷門



食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003650/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1678-a1307972


Powered by FC2 Blog