FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


浜田山「安藤」

鴨シーズン真っ盛りです。流通事情の向上で鴨肉は一年中手に入るようになりましたが、寒さに備えてたっぷりと脂を身にまとった冬場がシーズンとなります。

ならば、鴨汁そばで有名なあの店に行こうと思い立ちました。京王電鉄井の頭線の浜田山駅から歩いて数分の場所に、その店は在ります。

暖簾

比較的空いていました。「お好きな席にどうぞ」と言われて、店中央の大テーブルの隅に腰を降ろす。このお店を代表するレンガ造りの大きな暖炉に赤々と火が入っている。

暖炉

メニューに日本酒は1種類しかなく、銘柄も書かれていない。暖炉に近い席だったので、ビールの小瓶を。

麒麟

お通しはなく、つまみも種類はそう多くはないので鴨せいろをすぐに頼む。鴨を肴に飲む魂胆。

薬味は大根おろしとわさび、青ねぎ。

鴨せいろ

せいろ

若干太めの蕎麦は、やや粗い挽き方で野趣がある。しかも踊るような躍動感に溢れている。何とも元気そうな蕎麦ではないか。

蕎麦

この店ならではの鴨がこれ。一般的な鴨汁は鴨と葱をフライパンで焼くが、この鴨は予め濃い味付けで煮込んである。

鴨

角湯桶

大きな湯桶が出されました。蕎麦湯はナチュラル系。

蕎麦湯

看板


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131805/13000659/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1692-1bf0d940


Powered by FC2 Blog