FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


2010年に始まった食のイベント「ジャパン・レストラン・ウィーク」。
より多くの人にレストランへ訪問する機会を増やすため、19日間の期間中、13都市398の参加店が特別メニューをリーズナブルな定額料金で提供します。

1月24日(金)からの開催に先立ち、昨日14日には「つきじ田村」でメディア向け試食会が行われましたが、私は本日の中国料理「Turandot臥龍居」での試食会に参加させていただきました。同店が以前六本木アークビルに在った時は勤務先が近かったので、頻繁にランチタイムに伺っていました。

臥龍居

案内板

店内に案内されると、テーブルのお皿に今回提供されるメニューが載っていました。期間中に提供される3,150円のランチメニューだそうです。ランチとしてはやや贅沢かもしれませんが、内容を考えたらお得だと思います。

カトラリー

お皿

メニュー

開始時刻になり、関係者のご挨拶に続いてオーナーシェフ脇屋友詞氏のお話が始まりました。

脇屋シェフ

「普段あまりレストランに来る機会のない方にも来ていただきたい。そして是非もっと楽しんでいただきたい」と脇屋シェフ。普段からこのお店では例えばお酒をグラスに注ぐ時は、やや多めの量を注いでお得感を演出しているのだという。
そうだったんですね。 お・も・て・な・し、ですね! さあ、いよいよ料理が運ばれて来ました。最初は「九つの喜び」と題されたオードブルの盛り合わせ。海の幸、山の幸が満載です。色々な物を少しづつ。こういうの女性は大好きですよね。

九つ

次は、驚きの大盛りな炒め物。贅沢な活けオマール海老の朝天唐辛子炒め ”ヒーヒーアーヒー”。オマール海老と骨付きの鶏肉がスパイシーな炒め物に。

辛子炒め

オマール海老

3皿目はハーブ豚の香り焼き、季節野菜とご一緒に。スープ仕立で洋食のポトフのような料理で、蒸しパンをスープに浸けていただきます。

ハーブ豚

おっと、異様なオレンジ色の山が運ばれて来ました。これは何とカラスミ。チャイナ粥のトッピングだそうです。4人分でこの量!刻み生姜とパクチー、青葱も別に用意されました。

カラスミ

巨大な陶器製の鍋で粥が運ばれて来ました。

粥

先程のカラスミなどを粥の上にトッピングしていただきます。カラスミのパスタはイタリアンでお馴染みですが、粥で食べるのは初めての体験です。

チャイナ粥

あれっ、また異様な物が。まさか蕎麦湯じゃあありませんよね。これは中国茶用の差し湯だそうです。

急須

茶碗

中国茶

脇屋シェフが選んだ極上烏龍茶だそうで、色は透明です。爽やかな香り。茶葉がいっぱい入っているので、蓋で押さえながら啜り込みます。差し湯で何杯かお代わりを。

特製お楽しみデザート。

デザート

本当に食べ手の楽しみを考えられた料理を堪能させていただきました。

ジャパン・レストラン・ウィークは、1月24日(金)~2月11日(火・祝)の19日間開催されます。昨日14日から一般予約の受付が始まっています。大人気のイベントですので、ご予約はお早めに。


ジャパン・レストラン・ウィーク2014 公式HP
http://jrw.jp/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1694-b788d8ff


Powered by FC2 Blog