FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


亀戸天神の門前に構えるお店に伺いました。いわゆる門前蕎麦ですね。正直に言いますと、努力しなくとも人が集まる門前の蕎麦屋さんには期待感を持っていませんでした。

ところが、じぇじぇじぇ!

店構え

看板
オープンキッチンのカウンター席に案内されました。カウンター内では驚いた事に天婦羅を揚げています。まるで天婦羅専門店のような様子です。

今日は少し暖かったので、生ビールを注文しました。

ビール

用意されている調味料がこちら。蕎麦店で、ごま油は珍しい。

調味料

つまみに鴨と蓮根のはさみ揚げを。挽肉詰めはありますが、鴨肉とは驚き。塩でいただきます。

挟み揚げ

鴨肉

お酒を注文すると、冷やでグラスで供されました。

グラス

ここで驚いたことがありました。ご主人のお子さんと思われる小学生くらいのお嬢さんが店内にいらっしゃいました。子供がちょろちょろするお店は嫌だなと思いましたが、彼女が何と厨房に入って、目の前で海老の下ごしらえを始めました。海老の尻尾の先端を切って水を出し、殻を剝いて器用に背ワタを出す作業をこなしました。兄弟はいるんだろうか?一人っ子だったらお婿さんを迎えなきゃいけないな、などと要らぬお節介。

蕎麦を頼もう。メニューを見ると「かもにくそば」なる品に目が留まりました。鴨肉ではなく鴨韮。鴨とニンニクらしいのです。今まで色々な蕎麦を食べましたが、蕎麦にニンニクを合わせるというのは経験がありません。

かもにく

玉子

ニンニクチップが盛られています。

ニンニク

温泉玉子を麺に絡めると、和風カルボナーラの如し。

混ぜ

蕎麦は、極めてしかりとした腰で、シャープなエッジ感。

蕎麦

洋風な感じも受けるこの品。バケットとワインが欲しくなりました。

皿

会計を済ませて外に出て、改めて店構えを確認。水琴窟が設置されていました。

水琴窟

説明書き


嬉しいサプライズでした。ご馳走さまです。

お店のHP
http://www.edosoba.com/dish.html

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1697-8d628400


Powered by FC2 Blog