FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今月一杯で、建物の老朽化のために閉店が決まったこのお店。私は何年も前からお世話になり、イベントなどを通じて他のお客さんや蔵元、ソムリエの方とも知り合うことが出来ました。

外観

私は来週は仕事が忙しくなりそうなので、夜の予定は全てキャンセル。恐らく、これが最後の訪問になるでしょう。日本蕎麦屋では、最近の新店は手打ちは当たり前。ところがラーメン店では機械による自家製麺だけでも少なく、手打ちとなれば稀有の存在。無化調(化学調味料不使用)のパイオニア的な存在でもありました。
1階は狭いながらもラーメン店のそれ。実は店内の階段を登ると、酒席処が出現する。カウンター数席、奥に座敷もある。
ここは地元の客を中心とした一種の文化サロンの様相を呈する。

外は寒かったので、まずは日本酒。日本酒がいただけるラーメン店は滅多にない。しかも唸るような地酒が揃っている。
木箱の中には湯煎された徳利が入っている。温まるまで砂時計で時間を計る。ぬる燗から熱燗までお好みだ。

湯煎

日替わりのお通し。これだけで何合も飲めそう。沢山酒を飲まそうとする策略か?

お通し

人気商品のポテサラを注文。日本酒でいただくのも一興。マヨネーズの酸味が意外に合う。

閉店景気(?)だそうで、忙しそう。名残り惜しいが最後のラーメンを頼もう。冬だから、やはり温かいものが良い。
小麦蕎麦+EM半熟玉子半分を塩で注文。

小麦蕎麦

塩

全粒粉で透明感のあるこの麺はどうだ。大地の匂いを感じるようではないか。

麺

思わずスープまで完食完飲。旨味が身体の隅々まで染み渡りました。

長年お世話になりました。本当にありがとうございました。

告知


お店のブログ:http://blog.goo.ne.jp/kioritei

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1707-877a4eae


Powered by FC2 Blog