FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


久々にこの店を訪問しました。というのも暫く前から夜の営業は取り止めています。平日には行けないので週末を狙っても日曜日は定休。ピンポイントで土曜日の昼しかチャンスがありません。

ここは蕎麦好きで知られた故・杉浦日向子さん所縁のお店。思い込みでしょうか?今でも彼女の気配があるような気がします。彼女が編集に関わった「ソバ屋で憩う」は、私のバイブルです。

外観

暖簾をくぐると、いつもと変わらぬ佇まい。テーブル席がいっぱいで小上がりが空いていた。並木の藪蕎麦と同様の造りだ。

こちらに来る前にあちこち歩き回って喉が渇いていたので、まずはビール。この店はキリンのラガーだ。

キリン

つまみは来る前から決めていた。この時期は名物の鴨汁だ。

鴨汁

たっぷりの量の鴨汁。並木の藪とは全く違うスタイルだが、私の中では双璧を成している。熱々で葱がたっぷり。身体が温まって冬場には最高だ。

お酒に切り替える。栃木の四季桜を冷やでお願いする。ビールにはお通しは付かないが、日本酒には焙ったからすみが付く。酒飲み泣かせだ。

お酒

からすみ

すぐさま蕎麦を頼む。この店では単品の鴨汁と鴨南蛮はあるが、鴨汁蕎麦はメニューにない。だから常連の多くは鴨汁と蕎麦を一緒に頼んで、勝手につけ鴨にするわけだ。

田舎せいろ

最近は、あまり田舎蕎麦は食べなくなった私だが、この迫力ある鴨汁には太い田舎蕎麦が合うと思う。

葱

エッジ感には乏しいが、まるで縄文土器を思わせるような力強さがある。

蕎麦

湯桶

蕎麦湯

夜の営業が無くなった代わりに平日は夕方5時まで中休みなし、土曜は3時までの営業となっている。日・祝定休。
平日に休暇が取れたら、昼下がりの遅めの時間帯に来てのんびりしたい。

どうもご馳走様でした。


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13007314/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1711-6f9a6eb7


Powered by FC2 Blog