FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


江戸ソバリエを主催している、ほしひかる先生が麺産業展の招待券をこちらのお店に預けてくだったので訪問しました。
このエリアは比較的よく来るのですが、小倉庵さんへは久し振り。

以前と変化はありやなしや。

店構え


幸いに招待券をゲット!以前は、日麺連の個人賛助会員になっていたので毎年招待券をいただいていましたが、ここ数年は足が遠のいていました。ラーメン関係の展示も一緒に行われるので楽しみ。

まずはお酒。もう3月だというのに今日は寒さが厳しかったので「黒龍」をお燗で注文。お通しは山菜の水煮。

燗酒

つまみは何にするか?この店は品数が豊富で目移りしてしまう。大の玉子好きなので出汁巻き玉子を頼むことが多いが、良く見たら茶碗蒸しがメニューにあり、かっこして「小田巻き」もできますとある。小田巻きとは茶碗蒸しの底にうどんを数本忍ばせた変わった料理。冬場は身体が温まって良い。

蒸し上げるのに15分ほど掛かるので、その間に桜えびのかき揚げをお願いする。

かき揚げ

かき揚げは、薄衣でサクサクの揚げ上がり。塩が添えられている。食べ終わる頃にお酒を次は冷やで注文。小田巻きが来た。

茶碗蒸し

小田巻き

玉子の中に、海老・蒲鉾・鳴門巻き・筍・椎茸など沢山の具が入っている。そして食べ進めると、底の方からうどんが顔を覗かせる。これは蕎麦とうどんの両方を出す店でないと作れない。
そうだ、私は「さぬきうどん大使」も拝命したのだった。

うどん

さて、蕎麦を頼もう。今回は細打ちの生粉打ち(十割)を選んだ。

生粉打ち

麺

生粉打ちなのに繋がりが良く、腰もしっかり。香りや甘味は淡い。

蕎麦湯

蕎麦湯は、セミ・ポタージュ系。

丸湯桶

ご馳走様でした。

このお店が未だに禁煙に踏み切れていないのは、誠に残念なことだ。


お店のHP
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/ogura-ando/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1712-afb546bb


Powered by FC2 Blog