FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


蕎麦についてあまり詳しくないという知人を誘って蕎麦屋巡りをしています。旗振り役は苦手なのですが、蕎麦の良さを知ってもらうためなら頑張ります。

前回は「池之端藪蕎麦」、今回は「虎ノ門砂場」。次回は更科の店を予定しているので、三大暖簾を一通り巡ることになります。まるでお遍路さんの如し。
昔ながらの佇まいをそのままに数年前に耐震工事を終えたこのお店。周りは高層ビルに囲まれているのに、ここだけはまるでタイムスリップしたような異空間。

好きなお酒を注文。私は「まんさくの花」。連れは枡酒を人生初めて注文。一緒に塩が出される。枡の角に塩を載せて味わう酒飲みの流儀が活きている。昭和のアニメ「巨人の星」の星一徹さながらだ。

まんさくの花

枡

つまみに天婦羅を野菜と穴子の2種類を。今回初参加された方は、穴子の天婦羅は初めてだというのでびっくり!これまでは寿司の煮穴子しか食べたことがないという。

野菜天

穴子は一本丸ごとですね。ふっくら、サクサク。私なぞ、これまでに何百本の穴子を胃袋に収めて来たことか。ひとしきり天婦羅論議に花を咲かす。

穴子天

お酒がまだ残っていたので、つまみをもう少し。グループで来るといろいろと頼めて嬉しい。
品書きには沢山の料理が載っていて目移りしますが、春らい食材の白魚の玉子とじを。人気商品のアスパラ豆腐は今回も味わえず。

白魚

さて、いよいよ蕎麦を注文。もり・御膳そば・桜切りの3種類。

つゆ

もりそば

アップ

細くしなやかな蕎麦。江戸そばの「切りべら23本」について偉そうに講釈。

御膳


真っ白な御膳そば。いわゆる更科そばですね。蕎麦粉の違いについて説明。田舎そばとはどうのように違うかなど。

続いて来た桜切りは驚きの2色。青い方は桜の葉を練り込み、桜色の方は花ではなく、桜海老を使っているとのこと。

桜切り

三様

角湯桶

蕎麦湯は、さらりとしたナチュラルタイプ。釜湯とポタージュ系の違い・理由についてご説明。ルチンや食物繊維の効用、女性にこそもっと食べてもらいたいなど云々・・・。

蕎麦湯


たっぷりと堪能させていただきました。一度は2階のお座敷を借り切って宴会を催してみたい。
ご馳走様でした。江戸時代から続く伝統の職人技に感謝。


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13002143/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1717-c33c4694


Powered by FC2 Blog