FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


2月28日に移転リニューアルしたこのお店を訪問しました。そろそろ落ち着いたかな?

まずはロケーションに驚きました。移転先は、都内の名跡「六義園」の正門前。しかも高層マンションの2階というロケーション。下を向いて歩いていると見過ごしてしまいそうです。しかもエントランスはフレンチかイタリアンのような佇まい。

こんな蕎麦屋さんは前代未聞!

外観

エントランス

黒板
石段を登って行くと、そこには予想だにしないテラス席もある異空間。陽射し、風、流れる空気。旧店のいかにも老舗然とした重厚な雰囲気とは全く違い、白木を基調とした明るい雰囲気。

ダンディーなご当主自ら粋なスーツ姿でご案内。フロアーのスタッフも洋装です。
「カウンター席でよろしいですか?」と尋ねられて案内されたのは、大きな四角いテーブル席。
そば茶が出されました。

テーブル

今日はダラダラと昼酒を飲みたい気分だったのですが、季節の天婦羅付の変わり蕎麦をつまみに生ビールをいただいて、生粉打ちも食べたいなあということでつまみは頼まず。

ところが手間の掛かる天婦羅を後回しに生粉打ちが先に来ました。どうですか、この素敵な景色は!

生粉打ち

麺

つゆは出汁の利いた濃い口です。繋ぎを入れない十割なのに繋がりが良く、燃え立つような躍動感があります。香りも豊か。

つゆ

続いて野菜天付きの変わり蕎麦。素材は、よもぎです。

変わり蕎麦

野菜天

天つゆは出されず、粗塩が添えられていました。塩ブームですかね?手前の赤いものは海老ではなく、はじかみ。

よもぎ

麺

ここで伝票と湯桶が運ばれましたが、日本酒を追加注文。開け放たれた窓から吹き来る風を受けながら、ちびりと蕎麦屋酒の悦楽。

片口

丸湯桶

蕎麦湯

新店の雰囲気なら女性客も増えそうです。お蕎麦デートにも使えます。消費税アップに関係して外食費を節約するという人が多いようです。たまに行くなら雰囲気の良いお店に行きたいですね。
私がプロデュースさせていただけたなら、ワインとかチーズ、デザートに重点を置くでしょう。

ご馳走様でした。次は女性同伴で来たいものです。(笑)

看板

六義園

煉瓦塀


お店のHP
http://www.komatuan.com/index.html


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1724-f5e21766


Powered by FC2 Blog