FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


上野「喜乃字屋」

4月26日にオープンしたJR上野駅不忍口前の商業ビル『上野の森さくらテラス』。50年以上に渡って親しまれてきた「上野松竹デパート」が建て替えられて、大型飲食総合施設に生まれ変わった。

エントランス

その1階に入ったのが、スタンディングスタイルの蕎麦店「喜乃字屋」。路麺店ながら数種類のワインや洋風のおつまみを用意し、生粉打ちそばと角打ちワインを掲げる。近年、蕎麦店でもワインを出す店が増えては来たが、路麺店でワインは聞いたことがない。
経営は、渋谷で「そば処 信州屋」やカフェバー「人間関係」など数種類の業態のを手掛けるクマガイコーポレーションだ。

外観

道路に面した外観は全面ガラス張りでスタイリッシュ。正面にはスペインバルの「Vinuls」が見える。

Vinuls

黒板表

黒板裏

店内に入ると壁に貼られたメニューがお出迎え。夜の変わり蕎麦は洋風アレンジ!

メニュー

ワイン

日本酒は形だけひと色。ワインはイタリア産が並ぶ。ソアヴェ・クラシコとモッツアレラチーズの味噌漬けをチョイス。とても路麺とは思えない。既存のスタイルとは大きく異なる。
ワインはセルフサービス。ワイングラスではなく、升入りのグラスで出される。これが角打ちスタイルか?
「お好きなだけお注ぎください」と全く想定外のことを告げられる。つまり、受け皿になっている升にこぼれるまで注いでもお咎めなし。


ソアヴェ

チーズ

な、何とチーズが海苔箱を伴って登場。チーズにわさびを乗せて、海苔で巻いていただく趣向。良いじゃないですか。

海苔

チーズ

蕎麦の前に赤ワインを追加。ヴィーノロッソ・コドー。初めての体験に、何だか顔がにやけてしまう。

赤ワイン

蕎麦が来ました。初めて見る光景。スペインのエルブジも閉店したのにちょっと遅過ぎませんか、エスプーマ。

エスプーマ

フォアグラと聞いて、てっきり温かいつゆと思い込んでいましたが、つけ汁が冷たくてびっくり。考えてみればエスプーマを使っての泡ですから冷たたくて当たり前です。

蕎麦

蕎麦は北海道産のキタワセソバを使った生粉打ち(十割)です。渋谷の信州屋同様に押し出し式マシーン使用。だから安価で提供できる上に確かな繋がり具合。

薬味は、山椒を勧められました。フォアグラに山椒ですか?これも初体験。

山椒

フォアグラ

湯桶はミニサイズながら素敵な細工。

湯桶

蕎麦も好きだがワインも好き、しかも単独行動が多い私のような人間には実にありがたい店です。高級なダイニングにせず、リーズナブルなスタンディングスタイルを選択した経営者の勇気に敬意を表します。

ポスター

上野の森さくらテラス 報道向けページ
http://www.info-ginza.com/sakura/

「喜乃字屋」
http://www.info-ginza.com/sakura/tenant/kinojiya/kinojiya.html
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1727-d32e5764


Powered by FC2 Blog