FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


西荻窪「一水」

開店してから約2か月。そろそろ落ち着いたかと思って、この新店に。目と鼻の先に「鞍馬」があるが、あちらは最近は営業時間が短く、開いている時は行列も多い。こちらに流れる客もいるだろう。
この一帯は戦後のバラックのような小体な店が密集している。焼き鳥屋が多いが、ラーメン屋、焼肉屋、寿司屋と業態も数多い。

ごちゃごちゃした店が多い中で、ひときわ端正な店構えで好感が持てる。

外観

店内は、奥の厨房に面してカウンターが数席。手前のフロアーにテーブル席数卓というレイアウト。一人だったのでカウンターに。

まずはビールを注文。生はアサヒだが、瓶はプレモルでほっとした。お通しは筍と桜海老の薄味の煮物。後でレシートを見たら有料(210円)でした。居酒屋じゃああるまいし、蕎麦屋としてはいささか掟破りの感がしないでもない。

瓶ビール

つまみの品書きの中から焼き味噌を注文。バーナーで炙ったそれは、一風変わった趣。また、品書きには魚市場が近いわけでもないのに刺身も書かれている。

焼き味噌

日本酒の品書きを見ると、種類はそう多くはないが良い地酒が揃っている。

地酒


お馴染みの「尾瀬の雪どけ」を選択。おやっ、桃色にごり?

桃色にごり

これまで「尾瀬の雪どけ」は何種類か飲んだ経験がありますが、これは初めて。正に桃色で驚きました。店の方に聞いたところ、古代米を使っていてこの色になるという。昨年、初めて仕込まれたという。

ワイングラス


ビールを途中で残して、天せいろを注文。

蕎麦

天麩羅より先に蕎麦が来た。他の客がかき揚げを頼んだら塩が出されたのでこれも塩かと思いきや塩も天つゆもなし。

蕎麦

麺

蕎麦はしなやかで繋がり良く、所々に星が散る。水切れ感は今一つ。座った席から厨房が見え、竹製で円錐形の振り笊が見えた。最近では珍しい。

遅れて見事な天麩羅の盛合せが登場。

天麩羅

海老天

蕎麦湯は、釜湯のナチュラルタイプ。

蕎麦湯

お茶をいただいて、ほっこり。

お茶

ご馳走様でした。客捌きは、まだまだぎこちない所がありますが今後の伸び代に期待。

お休み


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13166550/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1730-06b273a6


Powered by FC2 Blog