FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


先日、今話題のステーキの銀座4丁目店を訪問しました。

私は蕎麦を中心に自他共に認める草食男子ですが、最近、ダイエットのために糖質制限に加えてMEC(Meet・Egg・Cheese)食というものに取り組み、肉食の機会が増えました。

夕方早めの時間帯に訪問。やはり数人の行列が出来ていました。

外観

価格表

説明

1g5円~という精肉店のようなグラム制の価格設定。基本300g以上からということで、リブロースなら300gで1,500円になります。
店内は全てスタンディング・スタイルで椅子席はなし。注文を告げて、番号札を持ってグリル横のオーダー窓口で番号札を渡すと、目の前で肉の塊から注文したグラム数を切り分けてくれます。感と経験に頼った手作業なので重さに多少の前後があります。焼き上がるまで、指定されたカウンターで待ちます。

炭火焼のグリルで、分厚いステーキ肉が時折炎を上げながら豪快に焼かれる様は圧巻。アメリカン・バーベキューさながらです。

グリル

カウンターには、スパイスやサラダドレッシングなどが各種用意されています。

スパイス

ステンレスのポットが置いてあり、水が入っているのかと思いきや、保温されているステーキ・ソースでした。これは初めて。グッドアイデアですね。

ポット

紙エプロンの用意があり、親切。

紙エプロン

暫し待って、大きなステーキが運ばれて来ました。デフォルトでニンニクチップスが載っています。先ほどのステーキ・ソースを掛けます。

ステーキ

お勧めはレアーだというので、その通りにお願いしました。なるほど、中はまだ赤い。リブロース300gです。

カット

付け合せはタマネギとコーンだけとちょっと淋しいが、サイドメニューでミックスサラダがあります。

断面

リブロースは輸入牛肉で、今流行の赤身肉です。和牛肉も用意されていますが、私は赤身が好きなのでこちらで結構。
300gとなるとさすがにボリュームがあります。
肉質は口の中で溶けるような柔らかいものではなく、適度な噛み応えがあり、脂身との境には多少筋があります。

ワインはグラスで500円、ボトルで2,500円~とお手頃。壁にボトルが飾られていて、ボトル注文の場合は好みの銘柄を客が自分で選んでスタッフに持って行くシステム。室温で保管温度が気になりました。

ワイン

ドリンクメニュー

回転率重視のためでしょうか、食後のコーヒーやデザートは見当たらず。アルコールはあるものの、ゆっくりと楽しむという感じではありません。ワインバル的な使い方とは少し違うようです。
ボリューム感とコストパフォーマンスでは満足できました。

ご馳走様でした。

*写真撮影はお店の了解を得ています。

お店のHP
http://www.pepper-fs.co.jp/IkinariSTEAK/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1739-61d39a7e


Powered by FC2 Blog