FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


5月19日、中村橋からお隣の練馬駅近くに移転開業しました。新店舗は飲食店街のビルの2階というロケーション。うっかりすると見落としそうです。

「そば居酒屋」?

看板

階段を登って行くと、木製の看板がお出迎え。

木製

開店初日は関係者や常連さんで賑わったようだが、混んでなければ良いが。
早い時間帯だったので幸い空いていました。一人だったのでカウンター席に案内される。目の前には立派な打つ場も構えられているのが見える。

まずはビール。瓶を頼むと店主がすまなそうに「昨日、沢山出てしまいまして、生ならありますが」と言って来た。
仕方なく生でお願いする。現在の大手メーカーのビールはミクロフィルターによるろ過で加熱殺菌していないので、瓶も樽も生なのだが、「生」とは瓶ではない=樽生を意味する。樽と言っても金属製だ。
生だと注ぎ手の技量によって泡立ち具合などが左右されてしまうのが嫌だ。今初めて会った店員さんの技量を推し量る術がない。

先に冷たいお茶が出された。う~ん、これは器からして素敵。

冷茶

生ビールとお通しの揚げ蕎麦が来た。揚げ蕎麦は麺状ではなく様々な大きさと形。これは面白い。

揚げそば

のんびりと蕎麦屋酒を楽しみたいところだが昼の訪問の上にダイエット中だ。軽く切り上げようとすぐに蕎麦を注文。

品書き

看板メニューの豆乳そばを注文。

おっと、蕎麦を注文した後で「サービスです」と言って蕎麦の刺身が出された。
おいおい。

刺身

蕎麦の刺身を出されてしまったので、思わず酒を追加。日本酒と共に味わいたいじゃないですか。

こぼれ酒

蕎麦が来た。笊や器も新調されたのかな?

豆乳そば

薬味は山椒・七味唐辛子・ニンニクチップ・刻み海苔を用意。好みで加えらるのが嬉しい。

薬味


笊

蕎麦

しなやかで、良く咀嚼していると甘味がぐっと湧き上がって来る。良い蕎麦でした。
蕎麦屋じゃあ、先の細い箸じゃないとね、切片をつまめない。

箸

頃合いを見計らって蕎麦湯が出される。急須のような形で素敵な色彩。

湯桶

妙なビジュアルですね。まるで豚骨スープ。いえいえ、豆乳ですから植物系です。(笑)

豆乳


蕎麦湯を飲みながらメニューを見ていると、ご主人が「伊東の方から新鮮な魚を直送してもらっています」と説明。
だから「そば居酒屋」か。
蕎麦は香りを楽しむ食べ物だから生魚は出さないのがセオリー。市場が近い築地や新橋の店ならまだしも、練馬でそれはないだろう。蕎麦も出す居酒屋になってしまっちゃおしまいだ。

移転したことで「激せまな店」からも脱出。商売が軌道に乗ったら広い場所に移転するだろうとは思っていましたが、狭い故の制約が特色になっていたことも否めない。

店の変化と成長を暫し見守りましょう。

お店のHP
http://www.soba23.jp/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1741-60565132


Powered by FC2 Blog