FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


暫らく振りの訪問。私が愛してやまない豚カツ屋さんだ。都内に豚カツ屋は数多(あまた)有るが、自分の好みに合致しているという点ではこの店を超える店は他に知らない。

この店は営業時間が少し変わっている。ランチ営業はせず、夜の営業のみだ。素材を吟味し、満足感が得られるボリュウムの肉を揚げるには時間が掛かる。ランチ向けに薄切りにしたのでは、この店の出すとんかつの美味さを出せないだろう。

一般的にはランチタイムは多くの人に来てもらって店の良さを知ってもらうという目的もある。しかしながら、誰でもいらっしゃいという店ではないし、近くに勤める人を主体に相手にした店でもない。
この店の良さを知り、遠くからもわざわざ訪れる客も多い。この店でなければ、という特定の客層が中心だ。

店構え

会合が終わってから夜10時近くになっての訪問。丁度ピークが過ぎた頃のようで、待たずに座れました。

まずは店ご自慢の漬物と自家製塩辛で一杯やりながら、カツが揚がるのを待ちます。有名店でも明らかに既製品とわかる毒々しい色の漬物を出す処がありますが、あれは嫌ですね。プロの料理人なんだから、漬物ぐらい自分で漬けて欲しい。手間だというなら、簡単な塩揉みだって良いのだ。

糠漬け

野沢菜

お銚子

塩辛

いつも私が頼むのは、上ロース定食。今回はそれを連れが注文したので、初めて海老フライとひれかつの盛り合わせをご飯なしで。糖質ダイエット中だし、お酒とサイドメニューも頼んだのでご飯がなくてもたっぷりなボリュウムだ。

品書き

盛り合わせが出来ました。ひれ肉は小さめにカット。
「海老は是非、ソースを掛けずに塩とレモンでお召し上がりください」と案内された。

盛り合わせ

店主が選んだというローストソルト。適度なにがりの量で、素材の旨味を引き立ててくれるという。私は最近、塩に関する資格を取得したので、これは嬉しい。

ローストソルト

プリプリな大きな海老は食べやすいようにカットされている。タルタルソースではなく、マヨネーズが添えられている。手を抜いているわけではなく、きっと店主なりのお考えがあっての選択だろう。素材の旨味を活かすには、ソースはシンプルな方が良い。何気に使っている日本のマヨネーズは全卵ではなく黄身を使い、マイルドな国産の酢を使うことで濃厚でありながらクリーミーで、海外でも日本製マヨネーズは海外の製品と比較して味の評価が非常に高い。それだけで完成度が非常に高いソースなのだ。

海老

食べやすい大きさにカットされたひれ肉は脂が少ないがパサつくことなくしっとりとシルキータッチに揚っている。これも塩とレモンで大半をいただく。

ひれ肉

ご飯は頼まなかったが、とん汁は絶品なので注文。野菜もたっぷり入っている。

とん汁

連れの上ロースも来た。こんがりと揚った「黒」とんかつだ。ほんのりとピンク色の魅惑の断面を見せる。

上ロース

相変わらずメニューなどにはどこにも素材に関する説明書きは見当たらないが、食べればわかる。吟味された逸品であることは間違いない。

選ばれた素材と卓越した職人技。気配りの利いた接客振り。店内は完全禁煙。私の求める至高のとんかつ屋がここに在る。食の悦びそのものだ。

ご馳走様でした。


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003916/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1746-6c9f7b9d


Powered by FC2 Blog