FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


5月から6月に掛けては毎年、銀宝(ぎんぽう)という珍しい魚を求めて探します。江戸前天ぷらの老舗「つな八」に伺いました。店頭の旬のおすすめに銀宝があることを確認。更に入店時にスタッフに「銀宝はありますか?」と再確認。一足違いで売り切れということもある。

つな八

旬

店内には、その日の天種が書かれた木札が下がっています。一番奥に、あった~!
「ぎんぽう」

木札

カウンター席に案内されて、各種塩が用意されています。

塩

飲み物は暑かったのでビールも良いし、日本酒も地酒がある。しかし場所柄、外国人の客も多いせいか、ワインの用意もある。品書きを見ると種類は少ないが、意外にもオーストリアの品種「グリューナー・フェルトリーナー」が。
グリューナー・フェルトリーナーは、オーストリアを代表する白ワイン品種で柑橘系の香りと淡い緑色でほのかな草っぽさ。前々から天ぷらには好適な品種だと思っていました。

キャラフェ

今宵は決めていました。銀宝を中心にコースではなく、お好みで頼もう。糖質ダイエット中なのでご飯は食べない。

まず、最初に銀宝を頼みました。何と初めて銀宝の中骨も揚げていただきました。ふっくらと揚がった身を塩で味わいます。

銀宝

続いて穴子の一本揚げ。

穴子

大根おろしの他に梅を混ぜた梅おろしも出されました。これは天つゆに入れずに天ぷらに載せていただきます。

梅おろし

次はこれも旬の素材、稚鮎を2匹。見事な姿揚げ。レモンと塩でいただきます。

稚鮎

もう一つ季節の素材を選びました。小柱のかき揚げ。歯応えと甘味が魅力。

小柱

締めにもう一つ。卵の黄身揚げ。これはコースを頼む人には目にも入っていないでしょうが、お好み天ぷらの片隅にひっそりと書かれています。卵好きとしては外せない逸品。

黄身揚げ

黄身

半熟

糖質ダイエット中なので、ご飯は頼まず。お茶をお願いすると揚げ場の職人さんが怪訝な表情をされました。

ご馳走様でした。旬の食材と、誰でもが出来るわけではない卓越した職人技を堪能させていただきました。

お店のHP
http://www.tunahachi.co.jp/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1749-c8258113


Powered by FC2 Blog