FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今年もまだ6月中は、今や幻と言われる江戸前天ぷらの天種の花形、銀宝(ぎんぽう)を探し歩いています。
天ぷら屋さんの中でも、毎年確実に銀宝を調達してメニューに載せてくれているのが「ハゲ天」さんです。老舗の中でも比較的庶民的な価格で、職人さんによる揚げ立ての天ぷらを提供し、百貨店にも出店されていて暖簾をくぐりやすい。

連日の雨にも負けず、銀座の本店へ。向かいの「手打蕎麦きだ」さんでもこの時期は銀宝を出していますが、そちらは先日訪問済み。

外観

雨のせいか客は驚くほど少なく、1階は先客一人のみ。客よりスタッフの数が多い。入り口で銀宝の入荷を確認。
テーブルには毎年お馴染みの銀宝の案内POP。

ぎんぽう

まずは瓶ビール。キリンとアサヒがあるというので前者を選択。生ビールもあるが、注ぎ手の優劣によって泡立ち加減などが左右されてしまうので、基本的には生ビールは頼まない。瓶だと製造時期やどこの工場製かも知ることが出来る。水が変われば味も微妙に変わる(気がする)のだ。

コップ

テーブルには、甘辛2種類の天つゆと共に塩も用意されており、この店では粗いローズソルトだ。

塩

私は糖質ダイエット中なのでご飯は必要ない。コースではなくアラカルトで天種のみを注文。

まずは目的の銀宝。ふっくらと肉厚。見事な大きさ。穴子やメゴチなど他の白身魚より弾力のある歯応えが特徴だ。
塩とレモンでいただく。
銀宝は養殖されておらず、全て天然物。一年の内で主に春先から梅雨前後の時期にしか出回らない。それもいつもあるとは限らない。

ぎんぽう

銀宝の裏側。写真ではよくわからないが、一本赤い線が入っているのが他の魚との見分け方。

裏

次は、グリーンアスパラ。

アスパラ

その次は、穴子の1本揚げを頼んで白身魚の食べ比べ。

穴子

揚げ上がりは銀宝と酷似。しかし、食べればわかる。食感が銀宝よりソフトで魚っぽい風味は淡い代わりに甘みが強い。
一年中手に入るので食べる機会は格段に多い。

ビールがなくなったの日本酒に以降。有名な地酒が用意されているが、千円以上のお値段なので「菊正宗」で我慢。可愛らしいガラス瓶で登場。

菊正

天ぷらをもう一つ。最後に海老のかき揚げ。

かき揚げ

ふっくら・カラリと揚がった見事なかき揚げ。家庭では中々うまくいかない。油の種類と量、温度、衣の固さ、そして技術など、どれが不適切でも駄目だ。私はオリーブオイルを使ってトライしたことがあるが、やはり油の香りが合わなかった。
ご飯があれば、ミニ天丼か天茶にしても美味しい。

熱いお茶を所望。出されたのはほうじ茶だった。脂っぽい食事の後には結構。

ほうじ茶

今シーズンは幸運なことに銀宝を既に数回味わうことが出来た。季節感を堪能。

ご馳走様でした。

お店のHP
http://www.hageten.com/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1755-ca0eaabd


Powered by FC2 Blog