FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ようやく梅雨が明けました。

湿度が高いと蕎麦粉のコンディションが悪くなるので、梅雨時はあまり蕎麦を食べません。
梅雨が明けると夏蕎麦の出荷が始まりますが量的にはまだまだ。暑い時期は蕎麦自体の香り楽しむせいろではなく、ぶっかけや冷やがけが喉に涼しい。

看板

店名に「流石」と名乗るからには相当な自信があってのことだろう。

産地

ランチ

カウンター席に案内されました。この店は女性客が多い。あちこちからキャピキャピ声が聞こえます。

身体が溶けてしまいそうな暑さだったので、まずはビール。生もありますが、私は瓶を所望。

サッポロラガー

本日の目的は冷やがけ。ゆっくりと飲んで単品を頼んでも良かったのですが、ランチメニューに冷やがけが入っていたので、「流石ランチ」を注文。

小鉢が2品来ます。最初は、そばの実とろろ。出汁が利いています。

そばの実

2品目は、見事なアンティークの絵皿に盛られた肴。

絵皿

色絵の器をよく見ると金継ぎの補修が何箇所も。古い物なのでしょう。大切に使われて来たんですね。良い店は、カトラリーも吟味されていて歴史を感じます。

金継ぎ

芸術的な器を愛でながら、ビールが空いたので日本酒を。「神亀」の生酒を。
蕎麦は、声掛けにして出すのを暫し待ってもらう。

ガラス

柄

さて、そろそろ目的の冷やがけを味わうとしよう。

冷やがけ

「まず、そのままお召し上がりください。梅おろしを入れるとサッパリといただけます」とのご案内。個人的には七味か粉山椒を加えたくなるが、卓上には薬味は置かれていない。

麺

極細で平打ち気味の麺。水切れや腰の面で不利だが、繊細な冷やがけのつゆに泳がせるには好適だ。

デザートはそばアイス。そば茶付き。

そばアイス

すっかり汗が引きました。ご馳走様でした。

流石

お店の公式HP
http://ginza-sasuga.jp/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1780-aaa396e2


Powered by FC2 Blog