FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


お盆シーズンを迎えました。帰郷している人、お盆休みの店も増えた。お盆と正月の東京は空いている。
小雨まじりのお天気の下、友人と老舗のこの店へ。
悪天候はチャンスでもある。夕方早めの訪問だったこともあり、いつもは行列が出来るこの店もすんなり店内へ。

まずは、日本酒を冷やで。お通しはいつもの蕎麦味噌。冬なら雪見酒が粋だが、雨見酒も悪くはない。雨音と言うBGMが気分を盛り上げる。

お銚子

この日はまず、そばがきから。小麦粉を練っただけでは美味くはなかろう。蕎麦粉は素材自体に特有の味と香りがあり、湯で練っただけでも実に豊かな風味がある。

蕎麦湯に浮かぶ美しい木の葉型。世界広しと言えども、ソバをこんな風に食べる民族は他にあるまい。よくぞ日本人に生まれけり。

桶

木の葉型

蕎麦屋らしいつまみをもう一つ。蕎麦の返しをタレに使った串焼きではない焼き鳥。辛子と檸檬が添えられる。七味唐辛子、柚子唐辛子を振っても結構。

タレ

いつもは行列が出来ていると長っ尻は迷惑と急いで席を空けるのだが、今日は空いているのでもう少し飲みたくて、うにとお酒を追加注文。これだけで何合も飲めそう。

雲丹

メインの蕎麦を頼みますが、私は毎夏に楽しみの「ひやむぎ」。関東人の楽しみ。

ひやむぎ

アップ

今は都内でも、ひやむぎを出す店が少なくなった。麺の表面に油を塗りながら延ばして作るそうめんと違い、ひやむぎは蕎麦と同様に生地をのし棒で薄く延ばして畳み、包丁で切るから断面が四角くなる。そのエッジ感を関東人は好んでいる。
その美しい麺を、色白の柔肌のように感じるのは私だけだろうか?
これで、この夏の暑さも乗り切れる。

ご馳走様でした。この店の夏季休業は17日(日)~21日(木)までだそうなので、お間違えなく。

お店のHP
http://www.kanda-matsuya.jp/index.htm


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1788-969e1b9f


Powered by FC2 Blog