FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


今年6月の開店。岩手県の製麺会社による蕎麦と岩手産の食材や地酒をメインに提供しているようだ。実はこの場所は以前は別の飲食店が在り、仕事関係で訪れたことがある。私としては見知っている場所で、まさかの蕎麦屋さんの開業。否応にも興味が湧きます。

実際に訪れてみて、以前とは全く違う雰囲気の店構え。

やまきた

入り口から電動石臼が見えます。自家製粉?

石臼

ランチメニューには「つけ坦坦蕎麦」などユニークな品が用意されている。

ランチ
店内は洋風でスタイリッシュ。BGMはJAZZが流れ、ワイングラスも並んでいる。

昼過ぎの訪問。まずはビールで喉を潤しながら、お店の説明書きとメニューに目を通す。地酒は岩手を中心に東北産を各種用意。ワインも赤白数種の銘柄が類用意されているが、日本ワインが無いのは残念だ。

ビール

蕎麦は、岩手産の無農薬栽培の物を使用しているという。安定供給やコストはどうか、余計な心配をしてしまう。

蕎麦


中休みがあるのでダラダラと過ごす訳には行かない。蕎麦前は取らず、すぐに蕎麦を注文。辛い物好きとしては「つけ坦々せいろ」に気を引かれるが、色物よりも岩手らしい品を選びたくて季節メニューの「舞茸天せいろ」を。

舞茸天

天つゆはなし。蕎麦つゆで共用か。代わりに釜石の藻塩が添えられています。

藻塩

薬味に赤い物が。あけがらしでしょうか?

薬味

蕎麦は茶色っぽく、細かな星が散る。すのこを使わない皿盛りのため水切れが悪く蕎麦が固まっている。それをほぐして水分を飛ばす。量は多め。

蕎麦


天ぷら

天ぷらは難しい舞茸も見事に揚がり、食べ応えがあります。

天ぷら


蕎麦湯は湯桶ではなく、こんな洋風のポットで。

ティーポット

ポタージュ系の蕎麦湯。

蕎麦湯


ご馳走様でした。

お店のHP
http://hitosara.com/0006041442/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1824-a5084baa


Powered by FC2 Blog