FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ネットでお店の存在を知りました。中休みがなく、のんびりと昼酒が楽しめそうなので、昼下がりに訪問しました。
ロケーションがちょっと変わっていて、団地の商店街の一角に在ります。

外観

店頭の案内には、馬・鯨・いのししなど蕎麦店としては珍しい食材が並ぶ。

黒板


木製の引き戸を開けて中に入ると、カウンター席は常連らしい客でいっぱい。テーブル席に案内されました。まずはビールで喉を潤す。お通しは、茶碗蒸しのような出汁がたっぷりの豆腐でしょうか?、面白い?。

お通し

残念ながら、店頭に案内があった炭焼きメニューは夜だけのものらしい。黒板の一品メニューから鯨の漬け刺しなる品をチョイス。鮪の漬けはお馴染みですが、鯨の漬けは珍しい。

黒板書き

鯨漬け刺し

私は鯨好き。良い感じ。口に含むと極めて柔らかな食感。赤身肉特有のヘモグロビン由来の微かなほろ苦さを感じる。
食材に合わせて赤ワインを。江戸切子の素敵なグラス。ワインは冷蔵庫保存のようで、ちょっと冷やし過ぎ。

赤ワイン

ふと気付くと、壁に「江戸甘味噌」の張り紙。今やすっかり廃れてしまいましたが、江戸甘味噌はその名の通り、江戸時代には広く使われていた伝統的な味噌。現在は入手困難。

江戸甘

「これは持ち帰り用ですか?」と尋ねると、「販売はしていません」と連れないご返事。
暫くして、その甘味噌が出されました。お酒が進みます。

甘味噌

お酒をワインから日本酒に切り替え。鯨料理にその名もぴったりの高知の「酔鯨」。

酔鯨

鯨料理をもっと食べたくなって、定番の竜田揚げを注文。鯨の給食世代としては、肉質は固いイメージでしたが、これはとても柔らか。う~ん、唸りました。

竜田揚げ

何ともユニークなお店。

品書き

おや、ご主人のTシャツの背面には霧下蕎麦の文字が。

背中

店内に置かれた雑誌には、この店を紹介する記事が。既にメディアへの露出も多いようです。

記事

さて、名物だという「胡麻まぜそば」を注文。おっと、具沢山。麺が見えません。

麺

かき混ぜると、一面グレー一色に。麺は挽きぐるみの平打ち。

鉢

蕎麦

最後は蕎麦湯。湯気ホカホカ。

蕎麦湯


ご馳走様でした。禁煙でないことが残念。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13145992/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1838-1fe91b78


Powered by FC2 Blog