FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


そろそろ熱燗が恋しい季節になりましたね。この店なら古民家を移築再生した落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと燗酒を楽しむことが出来る。

前景

176

早めの時間帯に入店したので空いている。内場でご主人が蕎麦打ち中だったので、カウンター席を選ぶ。
まずは、私の好きな栃木の「四季桜」を燗で。お通しは揚げ蕎麦だ。

徳利

揚げ蕎麦

この店は、お茶も蕎麦猪口で出す。伝統的な蛸唐の絵柄。

猪口

お得なランチメニューもあるが、この日は最初から食べたい蕎麦が決まっていたので、単品メニューを頼む。
酒の肴に天ぷらの盛合せ。暖簾をくぐる時に胡麻油の良い香りにやられてしまったのだ。

天ぷら

この盛合せは贅沢だ。大きな海老を中心に白身魚(この日はキス)、穴子の魚揃い踏み。野菜は僅かに獅子唐1本のみ。糖質ダイエット中の私には、さつま芋などの根菜類が入っていないのは好都合。腹にも溜まらず、酒の肴として好適。
居酒屋より蕎麦屋酒。

天つゆは出されず、塩とレモンでいただく。

塩とレモン

メインの蕎麦は、鴨つけせいろ。鴨シーズン到来だ。

鴨つけ

鴨肉は大きめのカット。厚みは並木藪には敵わない。その分、値段はややリーズナブル。

鴨肉

嬉しいことに、つくね入り。

つくね

細切りの蕎麦は、艶やかでたおやか。全く破たんがない。

蕎麦

薬味の葱は、蕎麦湯用。

薬味

角湯桶

蕎麦湯

ご馳走様でした。お嬢様は、どうされているのかな?

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13015824/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1850-8afd5fce


Powered by FC2 Blog