FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ようやく念願が叶いました。鴨好きの私にとっては、この店が冬に鴨鍋や軍鶏鍋を出すことは存じていましたが、長年通っていても未だに食べる機会を得ず。毎月恒例の友人とのミニ蕎麦会の会場にこの店を選んだので、心は鴨鍋と決まっていました。

さらしな

この店はうどんも出しており、それも手打ち。テレビ番組で、カレーうどんの美味しいお店として紹介されたことがあります。
蕎麦屋のカレーは出汁が利いて美味しいですからね。

カレーうどん

小雨の降る中、集合時間より早めに店に着いたので、先に一杯やることに。寒い日は熱燗に限る。

徳利

腹に溜まらないように軽いつまみ、焼き海苔を。木製の箱に埋み火。パリッと香り良く食べる蕎麦屋さんならではの工夫です。

海苔箱

海苔

灰

メンバーが集合。今回のテーマは、日本ワインとのマリアージュ。この店は地酒も各種揃っていますが、日本ワインの用意もあります。選んだのは、ヴィラデストワイナリーのシャルドネ。

ヴィラデスト

プリマベーラ

ワインクーラー

鴨鍋は単品で頼むか、コースにするか迷いました。
「築地市場に近いから魚介類の天ぷらを食べたいよね」という事になり、鍋の前に天ぷら盛合せを。

うわっ、見事! 海老の頭が嬉しい。穴子や野菜と共に。

海老

さあ、いよいよ鴨鍋が始まりました。鍋の蓋を開けると予想外につゆだけ!?

つゆ

具の盛り合わせが来ました。凄いボリューム!しかも一般的には入手困難な鴨の内臓も入っています。

鴨と野菜

鴨肉は新鮮なので、煮込まずにササッとしゃぶしゃぶ状態でいただきます。

鍋

並木藪の鴨に優るとも劣らない色鮮やかな鴨肉。

鴨肉

全くクセがなく、鍋にはほとんどアクも浮かんで来ません。この胆も実に美味しい。

胆

鴨肉も野菜もたっぷりで、この時点でかなりお腹は膨らんでいる。と、そこにご主人が手打ちのうどんを持って来てくれました。残ったつゆにうどんを入れるというわけです。

うどん

うどん2

鴨の旨味がたっぷりと含んだスープに細切りのうどん。思いのほかスルスルと胃の中に納まりました。
メンバーは、これで締め終了のような顔をしていましたが、私から「ここは蕎麦屋だぞ。肝心の蕎麦を食べずに帰るつもりか?」と畳み掛けます。

ご主人にお願いして、手打ちの蕎麦を1人前だけ頼んでシェアしていただくことに。小せいろに3等分して盛ってくださいました。

つゆ

この日の蕎麦は、山形産の新蕎麦だそうで、ほんのり緑色。そして強烈な香りにメンバー一同驚嘆。いわゆる江戸蕎麦よりもやや太めの切り具合で、実に腰が強い。

手打ち

せいろには「布善」の文字。創業時の屋号「布屋善次郎」の略称だ。さらしな系の開祖は、信州で布の商いをしていた人物だった事に由来する。

布善

実にシャープなエッジ感。繋がりが良く、切片など見当たらない。実にお見事だ。

蕎麦

山形

どうも、ご馳走様でした。口福を与えていただいたお店の方に感謝いたします。人を幸せに出来る仕事が羨ましい。
私という人間の存在は何と小さな事か。嫌悪感に陥ります。

お店のHP
http://www.sarashinanosato.com/index.html

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1854-0cc2ad88


Powered by FC2 Blog