FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


東中野駅近くに蕎麦バルが出来たとの情報をキャッチしてリサーチ訪問。生粉(十割)ならば押出し式の可能性が高いが、それはそれで一興。時代の動向を睨む。

通り

店構え

バル

看板
扉を開けると、店内にガンガンにロックが掛かり、壁には大きなモニターが設置されていて音源のロックコンサートが映し出されています。
他人に自分の好まない音楽を強制的に聴かされるのは苦手。思わず踵を返そうかと思いましたが、扉を開けてしまった以上はそれも心苦しい。

まあ、取りあえずエビスを。

エビス

店主は自分よりも年配のご様子。だからオールデイズも納得。少しダラダラ飲みたくて、つまみに海老の天ぷらを注文。
「天ぷらは塩で召し上がりますか?天つゆが良いですか?」と尋ねられ、塩をチョイス。

塩

海老天

日本酒「一ノ蔵」を燗で追加。ちょろりで湯煎してくれます。

燗酒

酒

さて、いよいよ蕎麦を。おや、提供には15分も掛かるという。

15分

蕎麦の製造工程を見て驚きました。蕎麦粉を捏ね鉢代わりの樹脂製のボールを使って見事に円錐形にまとめ上げました。どうやら、手打ち蕎麦の技をきちんと修業された方のようです。その蕎麦玉を製麺機に挿入。ニョロニョロと麺が押し出されて来ます。

そのそばが出来ました。新そばです。

せいろ

もり

どうですか?この蕎麦は。当然の事ながら繋がり良く、シャープなエッジ感で極めて強い腰。手打ちの職人技は貴重ですが、手打ち=必ず旨いとは限らず、千切れた蕎麦を出す店もある。老舗の蕎麦屋でも機械打ちを出す店もあり、邪道と否定もしがたい。黙って出されたら機械打ちとはわかるまい。

アップ

蕎麦湯は素敵な小土瓶で。

土瓶

蕎麦湯

ご馳走様でした。面白い店ですね。

新そば


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13176023/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1857-cfb57c09


Powered by FC2 Blog