FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


酒販店『藤小西』に併設されているワインバー『プチコニシ』で開催された、山梨のルミエールワイナリーの試飲会に参加させていただきました。

試飲会

この日用意されたのは会費で試飲できる8種類と別料金の1種類。

ラインナップ

この日は通常の営業とは異なり、試飲に合わせた軽いおつまみが別料金で数種類用意れていました。私は前菜の盛合せを注文。

前菜

ワイナリーの方のご説明が始まりました。ルミエールワイナリーの歴史は古く、今年で創業130年を迎えられるという。

説明

試飲用のワインは好きな順番で頼むことが出来ますが、私は白から始めました。

白

最初は、デラウェアを使ったルミエール・ペティヤン2013。瓶内二次発酵後、1年間樽熟成させたスパークリングワインで、フルーティーです。

ペティアン

次いでお馴染みの甲州シュール・リー → プレステージクラス・オランジェ2013 → 光甲州2012と飲み進めました。

甲州

おつまみが足りなくなって、バイヨンヌ豚の生ハムを追加。

生ハム

さあ、赤ワインに突入します。

赤ワイン

最初は白ワイン同様、スパークリングワインのルミエール・ペティヤン ルージュ2013。日本固有のブラッククイーンという品種を使って瓶内二次発酵。

ペティヤン ルージュ

泡

赤ワインの2番目は、GABU 2013。その名の通り、気軽にガブガブ飲める口当たりの良さが特徴。甘さは控えめでピノノワールを思わせるエレガントさも感じます。マスカットベイリーAを主体にカベルネフランを少量加えているそうです。

GABU

3番目は、驚きのプレステージクラス テンプラニーニョ 2012。スペイン産でお馴染みの品種ですが、日本ではまだ栽培しているワイナリーは少ない。スペイン産の樽を使っているそうで、しっかりと酸とタンニンが立っていて香りが強い。スパイシーなエスニック料理などに合いそうです。

4番目は、光 カベルネソーヴィニヨン 2012。自社畑で栽培した葡萄のみを使用。2012年は天候に恵まれ、シリーズ最高のヴィンテージだそうです。

光


今回は別料金でスパークリングが1種類用意されていましたが、既に白・赤それぞれ1種類ずつを試飲していたので、私は興味はありましたが頼まず。エチケット(ラベル)が素敵。

トラディッショナル

有料

存分にその味わいを堪能させていただきました。

お店のブログ
http://fujikonishi.seesaa.net/

ワイナリーのHP
http://www.lumiere.jp/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1898-cbdbdb83


Powered by FC2 Blog