FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


先日、前から気にっていたこの店を訪問することが出来ました。

日本で一般的には中国雲南省の料理を出す店は多くはなく、過橋米線については更に知る人が少ない。米粉を使った生麺の料理だが、過橋にこの料理の素敵なエピソードがある。
かつて中国には有名な科挙と呼ばれる官僚登用試験があり、雲南省の南湖に在る小さな島は試験勉強のために書生が集まっていた。書生の妻は橋を渡って受験の勉強をする夫に食事を届けた。料理が冷めないようにと、土鍋で鶏肉を煮込んで夫の元へ届けたところ鶏油が浮いていて、料理は中々冷めなかった。そこで妻は米線を入れた所、夫は美味しいと喜んだ。やがて夫は見事科挙に合格したという。

まずは、前菜と紹興酒のセット。

紹興酒

前菜は、手前がザーサイ。奥が鶏肉の冷製。

前菜

スタッフへの呼び出しはこちらで。

ソネット君
さあ、注文した過橋麵線が来ました。スープと具・麵は別々に盛られています。

麵線

熱々のスープに具材と麺を入れていただきます。

具

スープ

野菜と湯葉

麵は米粉が原料の生麵ですが、いわゆるビーフンやフォーとは明らかに食感が違い、見た目にも柔らかめ。

麵

唐辛子たっぷりのタレを加えていただきます。

タレ

麵線

身体が温まりました。ご馳走様でした。

箸袋

お店

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13112815/
スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1900-4bd93264


Powered by FC2 Blog