FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


東京の神田神保町に新しいお店がオープンしました。本日3月27日(金)がグランド・オープン。それに先立って、昨日プレ・オープンのレセプションにフードアナリストとして参加させていただきました。

店構え

聞き慣れない単語かも知れませんが、美禄とは中国前漢の歴史を記した漢書に書かれてる「酒は天の美禄」から依る。
つまり、酒は天からの素晴らしい贈り物だという意味。

お酒を楽しむ場として、期待感が高まります。

美禄


飲食店のオープニング・レセプションは立食のパーティ形式である場合も多いのですが、今回は限られた関係者を呼んでの着席形式。実際の客の着座目線で、お店の雰囲気をリアルに感じることが出来ます。

用意されていたのは、レセプション用のコースメニューとご自慢の地酒、そしてプレミアム・ビール。

佐久の花

ビールは、最近発売されたばかりのサントリーの「マスターズドリーム」を用意。”醸造家の夢”と記されたメーカー渾身の正にプレミアムな逸品だ。

ビール

さて、いよいよ料理が運ばれて来ました。
先付:湯葉べっこう

湯葉

この店のターゲットは30代~40代の大人の女性がメインだという。インテリアは明るく落ち着いた雰囲気。騒がしいチェーン店の居酒屋は卒業した、それなりに人生のキャリアを積んだ客層を呼び込む。
湯葉は、女性客が喜びそうなアイテム。

続いての刺身は、天然地魚の盛り合わせ。珍しい赤いさき、まとう鯛など新鮮な旬の幸を盛り込む。品質にこだわるこの店らしい品だ。

刺し盛り

こだわりは、調味料にも及ぶ。

正田

菜:蒸し鶏のサラダ
サラダに蒸し鶏を盛り込むことによって、満足感を出しながらもヘルシーなイメージを打ち出す。やはり女性を意識したメニューのようだ。

サラダ

ビールから地酒に切り替える。九州は佐賀県の七田。焼酎王国の九州に在って、佐賀県は米処として知られ、日本酒の生産が盛んな地だ。

七田

焼物:鮪三種盛り
生で食べられる新鮮な鮪を陶板で焼いていただく趣向。しかも脳天や頬肉などの希少部位。

鮪

焼物

鮪

甘味のある溜まり醤油でいただく。

溜まり醤油

揚げ物:湯葉とチーズ カジキ鮪
海老に湯葉とチーズを巻き込んだ物とカジキマグロ鮪のフライ。これも女性に受けそうなアイテム。

揚げ物

天つゆではなく、梅塩と抹茶塩でいただく。

カジキ鮪

抹茶塩

ご馳走様でした。本格営業でのメニューはどんなアイテムが供されるのか楽しみです。

酒瓶

美禄(びろく) 有限会社A.Company
http://www.acompany.jp/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1904-93491b02


Powered by FC2 Blog