FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


桜の時期、季節の素材を練り込む変わり蕎麦に桜切りがあります。その桜切りニは2種類あります。桜の葉を練り込んだ淡い緑色の桜葉切りと、桜の花を使った桜切り。どちらも目に鮮やかで、香りも楽しい。

今回は、淡い桜色の桜切りを出す店に。何とも豪壮な店構え。負けずに踏み込みます。

店構え

ランチ

基本は北海道幌加内産ニ八の手打ちですが、十割は違う産地で提供しているようだ。

十割

私は仕事が非番だったので、お仕事の方には申し訳ないと思いながらも軽くビールを。
江戸切子でしょうか?素敵なグラス。

ビール

少し遅れてお通しの揚げ蕎麦が出されました。

揚げ蕎麦

さて、お目当ての桜切りが。

桜切り

高上げ。水切りのためか?

高上げ

つゆの色調は、江戸蕎麦としては比較的明るめ。出汁の香りが豊か。

つゆ

薬味は、生わさびのみ。葱も大根おろしも添えない。

わさび

主役の蕎麦はどうだ。 この艶やかさを見よ!

蕎麦

ほのかな桜の香り。恰好つけて啜り込まずによく咀嚼すると、湧き上がって来る素材の甘味。

桜切りアップ

ああ、何とも贅沢な短い春の悦楽。これを逃すまい!繊細な桜の香りを活かすには、塩で食べても引き立つのではないかと思いました。

蕎麦湯を所望。

丸湯桶

蕎麦湯

時は春。草木は芽吹き、花は咲いて季節の巡りを知らせる。
それも四季が鮮やかなこの国の風土ならでは。よくぞ日の本に生まれけり。その喜びを謳歌する。

ご馳走様でした。

お店のHP
http://www.hanakisshin.com/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1909-724a9f30


Powered by FC2 Blog