FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


閉店するとの情報を得て、衝撃が走った。この店は、学生時代の友人が「美味い蕎麦屋があるぞ」と言って紹介され、私が蕎麦に開眼するきっかけとなった店である。

雑然とした学生街に、まるで異空間のように出現する蔵を模したなまこ壁の建物。民芸調の静かな店内は落ち着いた佇まい。いつも和服に割烹着姿の女将さんの白足袋が艶やかだ。最近は娘さんも花番を務められ、とても良い雰囲気だったのに残念だ。

なまこ壁

何年か前から、自家製粉の看板を掲げるようになり、産地の掲示も出るようになった。

自家製粉

レンタルスペースとは意外。そば打ちの会を企画したら、粉は用意してもらえるのだろうか?

お知らせ

完全廃業ではなく、時にはご主人が打つそば会を開くようだ。

レンタルスペース

昼時に訪問。この日は仕事が非番だったのでビールを注文。デフォルトでお茶と干菓子が出される。

ビール

干菓子は小布施産だ。

小布施

お通しは、昆布と椎茸の佃煮。出汁材料の再利用か?

佃煮

この店には、蕎麦屋としては少し変わったつまみがある。豆腐の冷奴・煮奴だ。夏は冷奴、冬は煮奴が舌に嬉しい。
今回は煮奴を。

煮奴

ビールが空いて、日本酒を追加注文。澤ノ井の大辛口。

徳利

蕎麦は、悩んだ末に温かい天ぷらそばを。この店は蕎麦が平打ちなので、繋がりが良い。

天ぷらそば

天もりと違って別盛りではなく、大海老が2匹。つゆの海に漂う。


海老

薬味は葱と生姜で、爽やかに。

薬味

七味も使ってみる。柚子片も入っており、複雑な香り豊かとなる。

七味

温麵でも蕎麦湯が出されるのは嬉しい。

湯桶

善光寺

開ける前に食べやすいようにポキポキと折ってしまいました。表面には善光寺の文字。今年は、いみじくも七年に一度の御開帳の年だ。

ご馳走様でした。閉店前に、せめてもう一度くらいは訪問したい。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13008992/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1919-d3f819ce


Powered by FC2 Blog