FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


時々、無性にこの店に行きたくなる。この店に身を置くことが積極的に楽しい。谷中墓地のすぐ近くに在って、休日は墓参客や谷根千見物の観光客も加わって混み合うが、空いている時の心地良さは格別だ。

木造のいかにも蕎麦屋然とした店構えは風情がある。

青暖簾

昼から飲みたくて、ピーク時を外して訪問。そば茶が出される。

そば茶

日本酒も飲みたいが、まずはビール。生もあるが瓶を注文。
ラガーの大瓶という所が、クラシックなこの店らしい。

キリン

紙ナプキンも楊枝袋も店名入りの特注品。そんな所に金を掛けずに値段を下げて欲しいですか?そんな客は他の店へ行くが良い。楊枝一本に至るまで、この店にはこの店流のやり方がある。その雰囲気やサービスも含めて、トータルでこの店なりの良さに繋がる。

名入れ

この店はお通しなし。つまみは私がお気に入りの「生青のり玉子焼き」略称「のり玉」を注文。出汁巻き玉子は蕎麦屋の定番だが、これは他店ではお目に掛かれない逸品だ。

のり玉

迷彩模様のような色が綺麗なだけではない。口に含めば磯の香りが漂う。

青のり

この店には地酒が各種揃っているが、看板メニューは喜楽長の純米大吟醸の生詰。電子冷却冷蔵サーバーなるもので保管されている。
歴史


グラスを受ける皿も升もないのに、表面張力ギリギリまで注がれる。口からお出迎え。

グラス

さて、蕎麦は魅力的なメニューが並んでいるが、季節の「せり天ざる」をチョイス。

せり天

おっと、蕎麦が海苔掛けなのにびっくり。そうか、せいろではなくざるか・・・。
海草祭り!

かき揚げ

せりのかき揚げを出す店は他にもあるが、これほど見事な大きさは類を見ない。

蕎麦

蕎麦は細切りの色白美人だ。

丸湯桶

丸湯桶も店名入り。そば湯はナチュラル系の釜湯。

そば湯

川むら

今日もご馳走様でした。

幟


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13003551/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1941-ea92bc0c


Powered by FC2 Blog