FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


長年お世話になっているこのお店。暑くなってくると恋しくなるメニューがあって訪問。

やぶそば

明治25年(1892)の創業。「かんだやぶそば」初の暖簾分けの店。昭和38年に木造から4階建てのビルに建て替えたが、蕎麦屋らしい風情を残し、一昨年には改装して打ち場を2階から1階に移設した。それを取り巻くカウンターは、まるで神社の鳥居を思わせる派手な朱塗りにしつらえた。

打ち場

更にカウンター席の上にはガラスの棚を設け、蕎麦猪口が多数展示されている。蕎麦猪口は形や絵柄がバラエティに富むが、底の形状は製造された年代によって特徴があり、それをつぶさに眺められるのはグッドアイデアだ。

猪口

昼時の訪問だったが平日のせいか満席にはなっておらず、蕎麦屋酒を楽しむ。つまみを選んでいて「鴨ロースのワイン煮」なる品が目に入った。「鴨焼き」は以前からあるが、これは記憶にない。いささか鴨の旬は過ぎているが、これなら良かろう。

ワイン煮

ビーフシチューのような濃いソースに煮込まれているのかと思ったら、意外にもたたきのようなあっさりとした感じで登場。わさびが添えられている。

ミル

蕎麦屋としては珍しく、この店は黒胡椒のミルが用意されている。1枚をわさびで味わってから、胡椒好きな私は鴨に振ってみる。

黒胡椒

ビールが空いて、本日の目的「みぞれ酒」を注文。日本酒を氷温で、絶妙な加減でシャーベット状にしたものだ。粗塩を升に載せて飲む。何とも酒飲み泣かせの趣向。

みぞれ酒

升

鴨を食べていて赤ワインが飲みたくなったが、残念ながらワインの用意はない。場所柄外人客も多く、これから東京オリンピックを控えてワインを出しても良いだろう。そうすれば女性も来やすくなって客の間口を広げる事に繋がる。贔屓の店には10年以上前から提案しているが、業界の意識は固い。
老舗の4代目は、その意識を変える勇気があるや否や?

枝豆

さて、蕎麦は何を頼もうか。少し悩んだ末に、カレーせいろを。蕎麦屋のカレーは美味い。

エプロン

素敵な柄が印刷された紙エプロンが出される。こうした気遣いが嬉しい。

カレーせいろ

カレーのつけ汁は南蛮よりもさらりとしたスープタイプで、鶏肉を使用。

カレー

蕎麦は江戸前の細切り。色は味と香りに優れた二番粉を使用し、卵を水で溶いた卵水を使う。これは味の為ではなく、マヨネーズで卵が酢と油を混ざりやすくするように、界面活性剤として働きをする。だから蕎麦はよく見ると、ほんのりと黄色味を帯びている。グルテンを持たない蕎麦ならではの手法だ。

蕎麦

蕎麦湯は小さな鉄瓶で供される。一般的な木製の湯桶もあるそうだが、場所を取るのでこの鉄瓶を用いているそうだ。

鉄瓶

蕎麦湯

あ~、美味しかった。ご馳走様でした。

置き看板


食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003594/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1953-bfcd8884


Powered by FC2 Blog