FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


千円でべろべろに酔える「せんべろ酒場」の人気店に行きました。

運営をする株式会社アクティブソースの金子源氏は、2008年に武蔵小山にわずか4坪の極小店舗をオープンしたのを皮切りに大井町・大山・中目黒と次々に展開し、現在は計7店。
大塚北口店は、今年(2015年)3月の開店。JR大塚駅から徒歩2分の好立地だ。

外観

メニューは、その多くが100円台からと衝撃的な安さ。なぜこの価格で提供出来るのか不思議になるほどだ。これは、青果市場や水産関係の会社で働いた経験を持つ金子社長の人脈と知識や経験が生かされた結果であろう。

メニュー

まずはビール。激安店の多くがドライビールを置くが、晩杯屋ではサッポロの黒ラベルだ。これは私好みだが、瓶ビールがないのは残念。激安な価格を実現するためには致し方ない。

自分な好きな銘柄の酒を置いていない居酒屋に行く価値は無い。経営者と感性が違うということになる。
利益率重視がその理由なら、全く持って話にならない。儲かれば何でも良いという店には行きたくない。明確なコンセプトやポリシーこそが店の個性となり、魅力に通じるのだ。

黒ラベル

最初に頼んだつまみはエシャロット。外食では、なるべく家では口に出来ないような物、家庭では作ることが難しい料理を頼みたい。エシャロットは時折スーパーでも見掛けるが、わざわざ買い求めることは稀だ。

これで僅か130円。つまみには十分な量ではないか。

エシャロット

次に、極厚ハムカツ(310円)を注文。

たっぷりの量の千切りキャベツと共に分厚いハムカツが登場。ハムカツがマイブームなのだ。

極厚

ソースは、オリバーソース? 東京ではあまり見掛けない銘柄だ。
調べてみたら神戸の会社で、創業は1923年(大正12年)と古く、日本で最初にとんかつソースを開発したのがこの会社だそうだ。

オリバーソース

ビールが空いたので、赤ワイン(270円)を注文。私は居酒屋でもどこでもワインが飲みたくなる。ソースのスパイシーな香りに赤ワインの組み合わせは悪くない。この価格ならクオリティを求めるのは野暮だ。

赤ワイン

ワインは正体不明だが、日本酒は気になる物があった。冷しカップ酒(418円)。ワインよりは随分と高めの価格。コンビニでも売っているようなカップ酒とは違うようだ。

カップ酒

丸眞正宗は、23区内唯一残っている小山酒造の地酒だ。金子社長は、蔵元から近い赤羽で人気の居酒屋で働いていたこともあるらしい。きっとその当時の思いが詰まっているのだろう。

丸眞正宗

つまみを追加注文。メニュの内、最高価格のくじらベーコン(490円)。私は、リアル・くじら給食世代なのだ。
おっ、予想以上のボリュウム。百貨店で買うとペラペラなパックで1,000円以上もする。

くじらベーコン

あ~、どうもご馳走様でした。
安かろう悪かろうではないところが、この店の凄さ。

お店のHP
http://active-source.co.jp/index.html

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1954-02f4ffdd


Powered by FC2 Blog