FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


目黒駅近くの路地で、ちょっと良い店を発見しました。

ありふれた居酒屋かと思いきや、暖簾の奥に「サッポロラガー」の木札を発見。業務用の通称「赤星」ですよね。
飲食店の中でも「赤星」を置く店は、ほんの数パーセント。こだわりがある店なら期待が持てます。

外観

サッポロラガー

しかも地酒も各種揃っているようだ。

地酒

まずは目的のサッポロラガー。おっと、珍しい中瓶(500ml)が登場。古い銘柄なので、大瓶(633ml)が基本だ。

お通しは、自家製と思われる糠漬け。出来合いの真黄色な沢庵を出すような店では料理も期待できない。食べ物屋さんなんだからさ、漬物ぐらい自分で漬けようよ。コストとか手間とかを理由に安易な方法を取る店には行きたくない。

ラガーと糠漬け

ビールと来れば、枝豆が定番でしょう。この店では茹で立てを提供。真夏なら冷たい物でも結構ですが、それ以外の時期は、作り置きでないというライブ感が嬉しい。コンビニ惣菜じゃないんだから。

枝豆

さて、つまみは他に何を頼もうか。

壁

メニューを見ていて、ハムカツに目が止まりました。マイブームなんです。(笑)

ハムカツ

おや、丸型ですか!最近は極厚のハムカツを出す店が増えていますが、こちらでは、普通(?)の厚切り。これくらいの方が、腹に溜まらなくて良いかも。デフォルトでソースが掛けられています。
う~ん、辛子が付いていないのが残念!

ビールが空いて、次は地酒に移ろうかとメニューを見ていたらワインを発見。しかもオーガニックとの記載。
どこ産かスタッフに尋ねてみるとフランス産だという。
まだ枝豆が残っていたので白を注文。

エチケット

おや、何ともユニークなエチケット(ラベル)。
予感はありました。裏の説明書きを見ると、品種はソービニヨン・ブラン。草系の香りが枝豆に合うかと。

裏ラベル

この時点で、私はかなりご機嫌。好きな銘柄のビールと好きな品種のワインの両方を味わえる居酒屋は少ない。

お楽しみは、まだこれからです。地酒の世界へ。地酒は10種類が1杯500円で提供。他に数種類のスペシャルメニューが900円。どれも日本酒専門店だとありえないような低価格。

お気に入りのこれを注文。

九平次

ぐっと寄ってラベルを見ると、この酒の神髄がわかる。情報は、きちんと受け止めよう。

雄町

純米大吟醸の贅沢なこのお酒がグラス500円で味わえる幸せ。米を育て、収穫し、醸して熟成。その時間と労力に「敬服。申し訳ない気持ちになる。

裏書

もう一つ、広島のお酒を注文。

広島

かもきんしゅう

特純

広島は、ミネラル分の少ない軟水仕込みのメッカ。ミネラルの中には鉄分など酒造りには適さない成分もありますから、軟水仕込みは雑味の少ないクリアーな味に仕上がります。しかも純米酒は醸造アルコール無添加ですから、酒米と麹の個性がダイレクトに出ます。

ほろよい党

料理も酒もリーズナブルな価格にして、どれも素晴らしいクオリティ。何とも素敵なお店じゃありませんか。
ご馳走様でした。

お店のHP
http://www.horoyoitou.jp/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1957-4c5b3fb2


Powered by FC2 Blog