FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ワインの醸造所に併設されたレストランが6月25日にグランドオープン。醸造所は8月にオープン予定だという。
私が知る限りでは、都内では東京ワイナリーに続く2番目のワイン醸造所。

外観

醸造所の2階に素敵なレストランが隠れている。

レストラン

最寄駅から少し離れた住宅街に醸造所が忽然と現れる。
だから「お静かに」の掲示。

お静かに

オープンするやいなや人気沸騰で、予約でいっぱいだという。だからランチタイムでも予約を入れて訪問。奥のウェイティングコーナーに案内されて、立派なメニューブックを渡される。
あれこれ考えている内にカウンター席に案内される。周囲を見渡すと女性客が多い。

訪問の目的は話題の料理もさることながら、このワイナリーで醸造されたワインを味わう事。東京に先立って、既に大阪で都市型の醸造所を立ち上げ、2014年ビンテージのワインをリリース。

まずは、その生樽デラウェアを注文。黄金色に輝き、パイナップルのような果実感が豊か。

デラウェア

カウンターの上には、オリーブオイルや各種スパイスが並ぶ。

オリーブオイル

スパイス

事前にメニューはリサーチしておいたので迷いはなく、ウズラのローストと江古田の町のパーラーのバケット。

バケット

料理が来る前に一杯目を飲み干し、2杯目はマスカットベイリーAを。

ベイリーA

色合いからも想像できるように、軽やかでフレッシュ感溢れるテイスト。

さて、待望のウズラが来た。私は鳥類の肉好きで、雀からダチョウまで何でもいただくが、フレンチではお馴染みの食材であるウズラを出す店は多くはない。
日本人にとって、ウズラの卵はお馴染みだが、親鳥の身を食べる機会は少ないのは不思議だ。もっぱら採卵用か?
お店としてはメインディシュではなく、前菜として丸ごとではない小さなポーションでの提供のようだ。

ウズラ

ウズラはこれまで何度も食べた経験があるが、この店ほど柔らかくフレッシュ感に富んだウズラは初めてだ。
甘いソースは感応的だが、個人的にはもっとスパイシーな方が好みだ。実山椒か柚子胡椒を使った緑色のソースにしてはどうか?

身

ワインをもう一杯。「深緋色 2014」。何とも意味深いネーミング。
深緋色

チェイサーをお願いすると、歪みのある素敵な手造りグラス。こういうセンスが素敵。

グラス

昼のラストオーダーの時刻になって、ラビオリを追加注文。色々な肉が使われているらしい。

ラビオリ

濃厚なチーズ風味のソースが美味しい。

中身

食後は、爽やかなミントティーをいただく。

ミントティー

ご馳走様でした。次はゆっくりとディナータイムに訪れたい。

この醸造所での初リリースが待ち遠しい。

お店のHP
http://wineshop.exblog.jp/i37/

スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1962-4aefcd6b


Powered by FC2 Blog