FC2カウンター


プロフィール

Author:しゅうちゃん
・フードアナリスト
・江戸ソバリエ
・ソルトマイスター

・食の感動を伝えたい


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


青山に所用があっての帰路、原宿方面に向かう。
「蕎麦が食べたいな」と思い、この近辺で幾つかの店を思い浮かべるが、意に沿う店は無し。
ならばと、久し振りにこの店を訪問。表参道は若者でごったが返しているが、蕎麦屋ならそうでもなかろう。

欅

エレベーターで4階に上がる。4階の蕎麦屋とは珍しい。エレベーターの扉が開くと、そこは異空間。凛とした佇まいで、白暖簾に迎えられる。このロケーションなら通りすがりの一見さんはまず、来るまい。

白暖簾

入口で少し待たされて、通りに面したカウンター席に案内された。窓の外には街路樹の緑の葉が風に揺れているのが見える。

窓

お茶が出されたが、この暑い時に熱い茶。何か理由があるのか、理解に苦しむ。

お茶

吹き出す汗を抑えるために、まずは生ビール。ハートランドだ。

ハートランド

ちょっとのんびりしたくて、蕎麦は声掛けにして穴子の天ぷらを。天つゆは出されず、粗塩が。最近は蕎麦屋さんでも塩を出す店が増えました。

天ぷら

この天ぷらはお見事。個人的にはレモンが欲しい。

穴子

柑橘類が欲しくなったところで、すだち鬼おろしそばを。すだちの冷やがけを出す店は他にもあるが、更に大根おろしを加えて一層さっぱり。

すだち

まるで積雪のようなだ大根おろしをかき分けると、細切りの繊細な蕎麦が姿を現す。

蕎麦

すだちをそのままにして置くと苦みが出るので、早めに引き上げた方が良い。

すだち

すだちの香る爽やかな冷やがけの状態となる。

丼

細切りなのに全く破綻がなく、シャープなエッジ感。強い腰。

アップ

蕎麦は季節により、旬の素材を使って様々な表情を見せる。その楽しみは尽きない。

蕎麦湯


お店のHP
http://matsubara-an.com/keyaki/


スポンサーサイト

トラックバック

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/tb.php/1969-e0815675


Powered by FC2 Blog